このページの本文へ移動
2025年春、新しい広島駅ビル開業
“エキ”が生まれ変わる

広島駅ビル開発プロジェクト

JR西日本グループでは広島市・広島電鉄とともに、2025春開業を目指して広島駅ビルの開発プロジェクトを進めています。
世界に誇れる広島・瀬戸内の玄関口の形成・演出を図るほか、新たな
「交流」「賑わい」「感動」を生む、モノ・コト・トキを実現します。
このページでは広島駅ビルに関するあらゆる最新情報を提供するほか、プロジェクトに関わる
さまざまな部署の社員の想いを掲載していきます。

広島駅リニューアルイメージ

広島駅ビル 外観イメージ
中央アトリウム空間に乗り入れる広島電鉄
中央アトリウム空間を見下ろせる雁木テラス
路面電車駅前大橋ルートを一望できる7階屋上広場
ホテルグランヴィア広島サウスゲート7階ロビー
スーペリアコーナーツイン

INTERVIEW

広島駅を“語る”

「広島・瀬戸内の玄関にふさわしい魅力あるエキを創る」人々

瀬戸内の陸の玄関でもある広島駅では、2017年に完成した広島駅の橋上駅舎や駅北側のショッピングセンター「ekie(エキエ)」、新幹線コンコースや南北自由通路などの整備に続き、駅ビルの建替え工事を進め、2025年春の開業を目指しています。いったいどのように展開し、地域はどう変わっていくのでしょうか。
プロジェクトに携わる人々の想いも含めて、シリーズでご紹介していきます。

Around Hiroshima Station

新しい広島駅ビル2025年春開業

JR西日本グループ・広島市・広島電鉄の3者ワンチームで作り上げる新しい広島駅ビル。
2025年春の開業に向けどんどん進行中!!エキとマチをつなぐ、みんながわくわくする新しい広島駅ビルにご期待ください。

新しい広島駅の話。

このプロジェクトは、広島市、JR西日本、広島電鉄の3者で連携、協力して推進しています。開業に向けて、プロジェクトに関わる「人」に焦点を当て、広島駅プロジェクトの魅力や仕事への想い、普段の仕事ぶりをご紹介する動画を3者で制作し、シリーズ形式で公開します。

新しい広島駅の話。
橋梁のプロが創る、未来への架け橋。

羽賀 真央さん(広電広島駅JV 宮地エンジニアリング 職長)
橋梁工事のプロフェッショナル集団 宮地エンジニアリングに入社後、鉄道の複線化や延伸に伴う橋梁建設工事などに携わる。広島駅新駅ビルへの路面電車乗り入れのための橋梁建設工事では、同社の職長を務めており、JV内の公募で採用された標語の点数は群を抜くコピーライターでもある。仲間とともに「明るい未来に架ける橋」をつくるため、日々邁進中。

新しい広島駅の話。
軌道のベテランが臨む、新駅の未来。

原田 義宏さん(広島電鉄 電車事業本部 工務課 主査)
広島電鉄に入社して40年余り。軌道および線路構造物の保守・管理を担当する保線部門一筋で、レールについて語り始めると止まらない“軌道の匠”。2022年7月に広電の歴史に残る広電宮島口駅の移設工事を終え、自らの保線屋人生の集大成として広島駅前大橋ルート開業に挑む。

プレスリリース