このページの本文へ移動

安全管理体制に対する第三者評価

鉄道の安全を継続的に向上させるためには、安全管理体制が有効に機能しているかを定期的に確認し、必要により改善していくことが大切です。その確認の機能として、「安全マネジメント監査(内部監査)」を実施していますが、一般的に内部であるがゆえの課題がありました。

その課題への対処として、社内の「安全マネジメント監査」に加え、社外の第三者機関であるDNVGLビジネス・アシュアランス・ジャパン株式会社による安全管理体制の評価を2015年度から導入しました。

目的

第三者の客観的で専門的な目線による評価、専門的な助言を継続的に受けることで、より有効な安全管理体制に向けた仕組みの構築と運用について、さらなるレベルアップを図ることを目的としています。

これまでの助言および主な改善の取り組み

当社は、福知山線列車事故以降、国土交通省の「運輸事業者における安全管理の進め方のガイドライン」に基づき、第三者評価の助言も踏まえながら構築を進めてきました。

今回(2018年度)の助言

2018年度は、これまで構築してきた仕組みについて、「改善の取り組みが完了したことの見える化」「事故対応や訓練後の振り返りの体系化」など、さらに有効性を高めるための助言を受けました。

第三者評価報告書[サマリー版]

今後の取り組み

「安全マネジメントの仕組み作りが進んでいる」「安全管理体制も目に見える改善が現れるようになってきた」との評価を受け止めつつ、未完了の所見への対応も含め、引き続き改善に取り組むとともに、今後は構築してきた仕組みの有効性の向上やさらに高次の仕組みの構築を目指していきます。

ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。2018年度 第三者評価報告書[サマリー版](PDF形式 554KB)

ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。2017年度 第三者評価報告書[サマリー版](PDF形式 401KB)

ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。2016年度 第三者評価報告書[サマリー版](PDF形式 395KB)

ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。2015年度 第三者評価報告書[サマリー版](PDF形式 332KB)

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

鉄道事業
(安全の取り組み)