このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

福知山線列車事故後の安全性向上に関する取り組み

当社は、福知山線列車事故後にこれまでの取り組みを振り返り、反省すべき点や課題を踏まえ、安全性向上に向けてさまざまな取り組みを進めています。具体的には、「福知山線列車脱線事故の鉄道事故調査報告書」に対する取り組みや「安全性向上計画」、平成20年度〜平成24年度までの5年間で取り組んできた「安全基本計画」、そして平成25年度より推進中の「安全考動計画2017」です。

  • 福知山線列車事故(平成17年4月25日)
  • 安全性向上計画策定(平成17年5月31日)
  • 航空・鉄道事故調査委員会の調査報告書(平成19年6月28日)
  • 安全諮問委員会の最終報告(平成19年7月3日)
  • 安全推進有識者会議の提言(平成20年2月18日)
  • 安全基本計画策定(平成20年4月1日)
  • 安全考動計画推進中(平成25年4月1日)
ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

安全の取り組み

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ