このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

安全研究所

ヒューマンファクターの視点から、「いつでも」「どこでも」「だれでも」できる安全を、私たちは追求します。
安全研究所
安全研究所の取り組み:安全への考え方と研究所の取り組みをご紹介します。
研究成果の活用:研究成果の発表を通じての社会貢献をめざします。
研究体制:研究開発体制や施設をご紹介します。

「安全研究所」は、二度と重大な事故を繰り返さないとの決意から2006年6月23日に設立されました。「いつでも」「どこでも」「だれでも」できる安全を、現場とともに追求する。つまり、真に現場に役立つ実効性のある研究・調査を、ヒューマンファクター(人的要因)の視点を中心として多角的に推進する組織です。

  • 内部サイトリンク 新規ウインドウで開きます。動画で見る安全研究所

基本方針

私たちは、研究を進めていくにあたり鉄道が多くの人手を介して運営されていることから、「いつでも」「どこでも」「だれでも」という3つの言葉をキーワードとし、安全研究所の基本方針を策定しました。

安全研究所「基本方針」

私たちは、「いつでも」「どこでも」「だれでも」できる安全を追求します。

  • 1. 社内外との密接な連携を図り、ヒューマンファクター等の視点から安全を研究します。
  • 2. 現場から頼られるとともに、安全を最優先する企業風土の実現を目指します。
  • 3. 研究成果を有効活用するとともに社外にも公開し、広く社会に貢献します。

ヒューマンファクターとは

安全を支える「人」の仕事は、自分一人だけで成り立っているわけではありません。必ず周りの様々な事柄との関連で成り立っています。具体的には、人と人との関係、人とハードウェアとの関係、人とソフトウェアとの関係、人と環境との関係で成り立っています。
これらと人との関係で生じる様々な要因を「ヒューマンファクター」といいます。
なお、安全を支える「人」は、意図せずヒューマンエラーを起こしてしまうというマイナス面がある一方、予期せぬ事態に遭遇しても柔軟に適切に対応できるという機械やコンピュータプログラムでは代替できないプラス面を備えています。
従来は、ヒューマンエラーというマイナス面を中心にヒューマンファクターを考えてきましたが、最近はプラス面をどう生かしていくのかも、ヒューマンファクターの大きな流れとなっています。
これらプラス面、マイナス面の両面からヒューマンファクターを理解することがマネジメントの基本となります。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

安全の取り組み

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ