このページの本文へ移動

経営方針

社長メッセージ

株主・投資家の皆様へ

西日本旅客鉄道株式会社 代表取締役社長 長谷川 一明

平素は、JR西日本グループの事業運営にご理解を賜り、厚く御礼申しあげます。

当社グループは、2005年4月25日に福知山線列車事故を惹き起こした責任と重大性を重く受け止め、基幹事業である鉄道の安全を最重要課題とし、「JR西日本グループ中期経営計画2022(「中計2022」)」の中核をなす「JR西日本グループ鉄道安全考動計画2022」に掲げる各施策を着実に推進してまいりました。

また、社会インフラ企業グループとして「中計2022」に掲げた「地域価値の向上」、「線区価値の向上」、「事業価値の向上」に向け、各施策を推進してまいりました。今後とも、鉄道事業を核に創造事業各分野が連携し相乗効果を発揮することに重点を置き、企業価値の向上を図ってまいります。

一方、当社グループを取り巻く経営環境は、新型コロナウイルス感染症の拡大により、お客様のご利用が極度に減少し、財務面において、かつて経験したことがない極めて厳しい状況にあります。

このような状況下にあっても、社会インフラ企業としての使命を守る、お客様や社員の安全を守る、社員の雇用を守る、サプライチェーンを守るという4つの基本方針の下、安全・安心を基盤として、この難局の克服に努力を積み重ねてまいります。

経営環境の激変を踏まえて、現行の「中計2022」については、安全・安心を基盤としつつ、事業の重点分野や事業ポートフォリオ、経営資源配分、行動変容等を踏まえた新しい価値の提供などの観点から、改めて検証してまいります。

また、足下の極めて厳しい状況に鑑み、鉄道の安全確保を前提としつつ、必要な検証を行い、キャッシュアウトの縮減に努める一方、うめきた(大阪)地下駅や「大阪」「三ノ宮」「広島」の大規模拠点駅開発など、将来的な企業価値向上に繋がる施策については、事業環境を見極めながら推進していく考えです。

株主の皆様への還元につきましては、2019年3月期の配当金1株当たり175円に対し、2020年3月期の配当金は1株当たり190円を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の影響により業績が予想を大きく下回ったことから、誠に遺憾ではございますが、期末配当金については1株当たり87.5円とし、年間182.5円とさせていただきたく存じます。また、2020年3月期に当社普通株式1,146,900株の取得及びその消却を実施しました。

2021年3月期の業績予想及び配当予想につきましては、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、今後の収入動向等が極めて不透明であることから、現時点では未定とさせていただき、今後予想が可能になった段階で速やかに公表いたします。

株主の皆様におかれましては、当社グループの置かれた状況をご理解いただきますとともに、引き続きご支援賜りますよう、お願い申しあげます。

2020年6月 代表取締役社長長谷川 一明

このページの先頭へ

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

企業・IR・採用・
法人向け情報