このページの本文へ移動

経営方針

社長メッセージ

株主の皆様へ

西日本旅客鉄道株式会社 代表取締役社長 長谷川 一明

平素は、JR西日本グループの事業運営にご理解を賜り、厚く御礼申しあげます。

当社グループは、2005年4月25日に福知山線列車事故を惹き 起こした責任を重く受け止め、基幹事業である鉄道の安全を最重要課題とし、「JR西日本グループ中期経営計画2022」(「中計2022」)とその中核をなす「JR西日本グループ鉄道安全考動計画2022」に掲げる各施策を着実に推進してまいりました。

また、社会インフラ企業グループとして「中計2022」に掲げた「地域価値の向上」「線区価値の向上」「事業価値の向上」に向け、各施策を推進してまいりました。

一方、当社グループを取り巻く経営環境は、新型コロナウイルス感染症の拡大により、お客様のご利用が大きく減少するとともに、回復の見通しは不透明であり、かつて経験したことがない極めて厳しい状況にあります。このような状況下においても、引き続き「社会インフラ企業としての使命を守る」「お客様や社員の安全を守る」「社員の雇用を守る」「サプライチェーンを守る」という4つの基本方針のもと、あらゆる事業において、お客様・社員の感染防止を図り、安全を全力で守りながら使命を果たすとともに、社会の変化に伴うお客様の新たなニーズに適応したサービスの提供に努めてまいります。

また、めざす未来である「人々が出会い、笑顔が生まれる、安全で豊かな社会」の実現のため、鉄道の安全性向上と地域共生を中心命題としながら、経営の強靭化・構造改革と変化対応力を高める企業改革を進めるべく、「中計2022」の見直しを行いました。引き続き、これらの取り組みを進めるとともに、新型コロナウイルスの感染状況や今なお不透明なご利用の回復状況を注視し、機動的に修正を行い、当社グループの変革・復興と、中長期的な企業価値の向上に努めてまいります。

さらに、今年4月には、当社グループが取り組むSDGs重点分野のひとつである地球環境について、2050年のCO2排出量「実質ゼロ」をめざすとともに、2030年度目標の設定と、TCFD提言に基づく情報開示を行いました。引き続き、地域の豊かな自然や文化を保全、活用しながら、公共交通機関を基軸とした地域社会の持続的な発展につなげていくことが大切との考え方のもと、取り組みを進めてまいります。

株主の皆様への還元につきましては、新型コロナウイルス感染症の影響等により赤字決算となったものの、長期安定的な株主還元を重視する方針も踏まえ、前回お示しした配当予想のとおり、期末配当金については1株当たり50円とし、年間100円とさせていただきたく存じます。

株主の皆様におかれましては、当社グループの置かれた状況をご理解いただきますとともに、引き続きご支援賜りますよう、お願い申しあげます。

2021年6月 代表取締役社長長谷川 一明

このページの先頭へ

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

企業・IR・採用・
法人向け情報