このページの本文へ移動
建設中

大阪駅西高架エリア開発
大阪駅新改札口整備、高架下開発、新駅ビル開発など

大阪駅周辺では、東海道線支線地下化・新駅設置事業やうめきた2期地区開発計画など、大阪駅西側地区を中心に、周辺地域との一体的なまちづくりが進められています。JR西日本グループでは、西日本最大のターミナルである大阪駅が将来にわたって大阪の玄関口にふさわしい、快適で利便性が高く、賑わいのあるターミナル拠点となるべく、2011年に大阪ステーションシティをグランドオープンいたしました。
本プロジェクトは、1日約86万人のお客様にご利用いただいている大阪駅の混雑緩和、新たなバリアフリールート整備および西側地区へのアクセス性向上を図るとともに、周辺地区との回遊性を高め、地区全体のさらなる価値向上に寄与するべく、「新改札口整備」、「高架下開発」、「新駅ビル開発」を行います。

計画概要

(1)新改札口整備
大阪駅の混雑緩和、新たなバリアフリールート整備および西側地区へのアクセス性向上の観点から、各ホームにアクセス可能な新たな改札口を西側高架下に整備します。 大阪環状線ホームは西側へ延長するとともに、ホーム上の設備を高架下に移転集約することにより、お客様にご利用いただけるスペースを広げ、ホーム上の混雑緩和・安全性向上を図ります。加えて、新たなバリアフリー経路として、新改札口と各ホームとを結ぶエレベーター・エスカレーターも整備します。 大阪駅西側地区への新たなゲートとして、円滑なアクセスルートを創出し、地区全体のポテンシャル向上に寄与することを目指します。

  • 1階・平面イメージ
  • 2階・ホーム階平面イメージ

(2)高架下開発
新改札口周辺には、ご利用者の多様なニーズに対応する商業ゾーンを展開し、快適で魅力あふれる駅空間を創出します。あわせて、同高架下にバスターミナルを新設し、大阪駅の交通結節機能のさらなる強化を図ります。

規模 延床面積約7,000平方メートル、店舗面積約3,000平方メートル
導入機能 商業、バスターミナルなど

(3)新駅ビル開発
新改札口に隣接して、うめきた2期地区をはじめとした大阪駅西側地区の玄関口にふさわしい新たな駅ビルを整備します。新たなビジネス活動拠点を整備するとともに、周辺のオフィスワーカーをはじめとする多様なニーズに対応する商業ゾーンを中層部に展開し、賑わいや交流、憩いの場を創出します。低層部には広場空間を設け、うめきた2期地区開発とも連携し、周辺地区における歩行者の回遊性向上を図ります。
なお、新駅ビルの運営主体は大阪ターミナルビル株式会社を予定しております。

規模 延床面積約59,000平方メートル、オフイス賃貸面積約23,000平方メートル
地上23階・地下1階高さ約120m
導入機能 オフィス、商業など
  • 外観イメージ(うめきた2期地区側より)
    ※パースはイメージであり、今後の設計などにより変更する場合があります。
  • フロア構成

【周辺鳥瞰図】

※パースはイメージであり、今後の設計などにより変更する場合があります。

【位置図】

進捗状況

  • 西方向を望む
  • 東方向を望む

スケジュール(予定)

2020年2月 大阪ステーションシティ駐車場連絡通路など撤去工事着手
2021年春 新駅ビルエ事着手
2023年春 うめきた(大阪)地下駅開業、新改札口暫定供用開始
2024年夏 新改札口供用開始
2024年秋 新駅ビル開業
〜2027年春 順次、高架下商業ゾーン・バスターミナル開業

担当者のコメント

うめきた建築工事所 畑中社員
大阪駅西側エリアの玄関口となる新駅ビルを目指しています
担当者の写真

「大阪駅西高架エリア開発」の一翼を担う「新駅ビル開発」では、大阪駅の顔となるだけでなく、大阪駅西側エリアの玄関口ともなる新駅ビルを目指しています。高層部にはオフィス、中層部には商業エリア、低層部には広場空間を計画しており、ビル内の多様なアクティビティがまちに滲み出すことで、このエリアの賑わいの起点となることを期待しています。
計画・設計・施工の全ての段階で安全性を最優先にしつつも、快適性や利便性も追求し、関係箇所の皆が「より良い物を作る」という一心で議論を重ねています。
また、このエリア一帯がお客様の笑顔で溢れるものとなることを夢見て、日々、新駅ビルの設計を進めています。

プレスリリース

一覧へ戻る