このページの本文へ移動

鉄道少年団の活動

当社では、公益財団法人交通道徳協会が運営している
「鉄道少年団」の活動を、会社発足以来、支援しています。

鉄道少年団とは

鉄道少年団鉄道少年団

鉄道少年団は、少年少女の公徳心を高めるとともに、互いに助け合う心を養い、進んで社会に奉仕する健全な心身を育てることを目的とした団体です。

団員は、10歳以上18歳未満で構成され、西日本エリアでは23の鉄道少年団が各地で鉄道の理解を深める活動や社会貢献活動など、さまざまな活動を行っています。

鉄道少年団 綱領

もくてき

  • 少年少女が鉄道を愛し、鉄道知識を身につけ
  • 公徳心を高めるとともに、団体生活を通して互いに助け合う心を養い
  • 進んで社会に奉仕する健全な心身を育てることを目的とします

ちかい

  1. 1.すべての人を友とし、互いに助け合います
  2. 2.心と体をすこやかにします
  3. 3.公徳心を高めます

やくそく

  1. 1.名誉をおもんじます
  2. 2.礼儀を正しくします
  3. 3.親切をつくします
  4. 4.規律を守ります
  5. 5.清潔と質素につとめます
  6. 6.約束を守ります
  7. 7.正直で誠実を旨とします
  8. 8.人に迷惑をかけません
  9. 9.正しいことには勇敢にのぞみます
  10. 10.常に感謝の心を忘れません

新しい仲間を募集中!

集まれ鉄道大好き少年少女!集まれ鉄道大好き少年少女!

鉄道少年団では新たな仲間を募集しています。
入団手続きなどのお問い合わせは各支部の事務局へご連絡ください。

(一部少年団においては現在募集を停止している場合がございます)

西日本地区鉄道少年団一覧はコチラ西日本地区鉄道少年団一覧はコチラ

鉄道少年団の活動紹介

鉄道の理解を深める

JR西日本主催の鉄道イベントへの参加や、京都鉄道博物館などの鉄道関連施設の見学などを通じて、大好きな鉄道に対する理解を深めます。

  • 京都鉄道博物館でSLスチーム号の出発合図を実施しました(福知山・豊岡・京滋・大阪鉄道少年団)

  • 博多総合車両所に見学に行き、社員と意見交換を通じて、新幹線への理解を深めました。(岡山・びんご鉄道少年団)

  • 車両所公開イベント「新幹線ふれあいデー」の運営のお手伝いを行いました。(京滋鉄道少年団)

  • 京都鉄道博物館でSL車両の案内を行いました(福知山・豊岡・京滋・大阪鉄道少年団)

  • 105系列車のラストランの際に、運転士に花束を贈呈しました。(和歌山鉄道少年団)

学ぶ・体験する

団体行動訓練やデイキャンプ、登山などの団体での活動、他の少年団との交流やお客様との交流活動を通じた「おもてなし」「おもいやり」の気持ちなど、心身ともに健全な成長に必要な知識・経験を学び、体験する活動を行います。

  • 大山登山を実施し、参加者同士助け合い、励まし合いながら山頂まで登りました。(米子鉄道少年団)

  • 団体行動訓練を実施しました。(広島鉄道少年団)

  • 平和記念公園、平和記念資料館の見学を行い、平和の尊さを学びました。(徳山鉄道少年団)

  • 団員たちは英語のレッスンを受け、姫路駅で海外から来られたお客様に英語でおもてなしを行いました。(神戸・加古川・姫路鉄道少年団)

  • 武生団・七尾団2団合同で活動を実施し、共通の目的をもって活動することでお互いの仲を深めました。(武生・七尾鉄道少年団)

西日本総支部サマー研修

西日本エリアの鉄道少年団は、夏季に西日本総支部サマー研修を実施しています。この研修は、集団生活を通じたチームワークや自主的に取り組む力の醸成を目的として開催しております。

研修では、団や世代の垣根を超え、さまざまな人と助け合いながら、「団体行動訓練」「キャンドルファイヤー」「はんごう炊飯」「カヌー体験」などの活動に取り組み、日ごろできない貴重な経験を得ることができます。