このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

地震・津波に対する安全対策

阪神淡路大震災以降、構造物の耐震補強対策を継続して実施しており、これまでに新幹線では高架橋柱(せん断破壊先行型)や落橋防止対策、トンネルの補強工事が完了しています。在来線についても高架橋柱(せん断破壊先行型)や落橋防止対策の補強工事が概ね完了しています。現在は、鉄筋コンクリート製橋脚や駅等の耐震補強等について順次進めているところです。東日本大震災を踏まえ、今後発生が予想される南海トラフ巨大地震を対象に、高架橋柱(曲げ破壊先行型)のほか、盛土や鋼製橋脚、駅舎等の耐震補強対策についても、順次進めているところです。

脱線後の減災対策

逸脱防止ガード

線路の内側に敷設している「逸脱防止ガード」は、車両が脱線しても車輪が同ガードにあたることで大きく逸脱することを防ぐための装置です。山陽新幹線の新大阪〜姫路間において整備を進めています。

津波の発生に備えた対策

津波による被害が発生する恐れの高い地域である和歌山県の紀勢線を中心として、津波に備えたさまざまな設備を導入しています。南海トラフ巨大地震を想定した各府県の津波浸水想定の見直しに伴い、浸水予想区間を見直すとともに「浸水区間起点・終点標」については、紀勢線以外の線区にも設置を進めています。
運転士に停車駅や編成両数等を知らせるGPS運転士支援装置に、浸水区間を走行していることを伝える警報機能を追加しています。
また津波の発生に備えて自治体や沿線住民の方々等とも協力し、実際に列車から降車して避難場所まで誘導する訓練を実施しています。

津波の発生に備えた様々な対策の紹介写真

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

安全の取り組み

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ