このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

沿線地域の方々と 協力 し、まちづくりに 貢献 できるようさまざまなプロジェクト工事を実施しています。

駅からはじまる魅力あるまちづくりに寄与する新駅の設置、駅舎の橋上化をはじめとする駅改良工事、地域の分断、交通渋滞を解消する連続立体交差化工事、交通ネットワークを強化する新線の建設、お客様の利便性が向上し、より快適に、より楽しく鉄道をご利用いただくための駅リニューアルなどを行っています。

北陸新幹線プロジェクト

北陸新幹線の整備状況

北陸新幹線プロジェクト

北陸新幹線は、全国新幹線鉄道整備法に基づき、東京〜大阪までの整備計画が定められている整備新幹線です。平成9年10月1日に高崎から長野までの117kmが、そして平成27年3月14日に長野から金沢までの228kmが開業しました(当社の営業区間は上越妙高から金沢間です)。
金沢から敦賀間の125km(工事区間:白山車両基地〜敦賀間114km)については、平成24年6月に用地・土木構造物関係の工事実施計画の認可が得られ、独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構が建設主体として平成34年度末の完成をめざし、工事を進めています。
なお、開業後は当社が同区間を運営することになります。

列車名、車両

W7系

運行体系の異なる4タイプの列車が走る北陸新幹線。たくさんのご応募の中から素敵な名前をいただきました。

かがやき 金沢〜東京間直通列車(速達タイプ) はくたか 金沢〜東京間直通列車(停車タイプ) つるぎ 金沢〜富山間運転列車(シャトルタイプ)

富山駅および駅周辺整備

富山駅の周辺地図

富山駅の上空写真

富山駅の外観

富山駅周辺では、鉄道・運輸機構、地元自治体、当社が一致協力して、南北一体のまちづくりの実現をめざし、北陸新幹線建設にあわせて在来線高架化工事、富山市による駅周辺土地区画整理、南口駅前広場整備、路面電車の高架下延伸等の事業を進めています。

大阪環状線改造プロジェクト

大阪環状線改造プロジェクトのロゴマーク

沿線の大規模開発や人口の都心回帰など大阪環状線を取り巻く環境が大きく変化するなか、お客様や地域の皆様、大阪を訪れる方々に喜ばれ、「行ってみたい」「乗ってみたい」魅力あふれる大阪環状線を作りあげるべく、『大阪環状線改造プロジェクト』を発足させました。
ハード・ソフト両面のさまざまな取り組みでイメージアップを図り、お客様や地域の皆様に価値あるものを提供し続けることで、大阪環状線の利用を拡大し、大阪の活性化の一端を担いたいと思います。

新型車両「323系」の投入

新型車両のパース

平成28年度から、初めての大阪環状線・JRゆめ咲線の専用新型車両「323系」を順次投入します。323系の開発にあたっては、輸送品質の確保と先進的なサービスによる快適性の向上と大阪環状線のイメージアップを図るため、「安全・安心の向上」「機器の信頼性向上(安全輸送)」「情報提供の充実」「人に優しい快適な車内空間」をコンセプトとして定めています。

駅美装改良

森ノ宮駅の外観

森ノ宮駅の看板

「明るい、きれい、わかりやすい」を共通コンセプトに、各駅のホーム、トイレ、コンコース等の美装改良を進めます。その第一弾である、森ノ宮駅は、専門学校生からデザインコンセプトのご提案を頂き、一部具体化しています。改良内容は、隙間転落対策、耐震補強、照明LED化、インフォメーションボード(出口案内、駅構内図、路線図、時刻表、乗車位置案内を集約)設置、案内サイン改良、コミュニケーションスペースの設置、城見エリア(ホームから大阪城が見える)の設置、外壁の緑化等を実施しています。

トイレ改良

天満駅女性トイレのパース

「暗い・臭い・汚い」の解消を基本コンセプトに、快適な空間を目指して、各駅のトイレを順次改良します。

主な改良メニューは、大便器の洋式化・温水洗浄便座化、便座クリーナー、手洗用石鹸整備、換気機能強化、照明LED化、ベビーチェアー設置、パウダーコーナー設置、入口サイン改良などです。

  • 改良内容は駅ごとに異なります。

駅構内・高架下の開発およびリニューアル

ビエラ玉造の外観

ビエラ桃谷のイメージイラスト

大阪環状線の駅構内や高架下などの魅力向上をめざして、駅美装・改良に合わせ、駅やエリアごとの特性、お客様ニーズを捉えた商業開発を推進しています。
森ノ宮駅高架下の「ビエラ森ノ宮」(平成25年)に続き、玉造駅に「ビエラ玉造」(平成26年)、桃谷駅に「ビエラ桃谷」(平成28年)を開業しました。

ラッピング電車「OSAKA POWER LOOP」の運行

ラッピング電車「OSAKA POWER LOOP」の外観

大阪環状線から、大阪の魅力を発信していくために、沿線風景や名所、祭事などをデザインしたラッピング電車「OSAKA POWER LOOP」を運行しています。
デザインは、FM802のアーティスト発掘プロジェクト「digmeout(ディグミーアウト)」に参加している8人のアーティストが、各車両に歴史、ランドマーク、食、パワースポット、自然、伝統芸能、地域交流、アーバンスポットの8つのテーマで描きました。

全駅で異なる発車メロディを導入!

大阪環状線発車メロディ

お客様や地域の皆様に大阪環状線やその沿線のまちに愛着を感じていただけるよう、「その駅(まち)らしさ」「大阪環状線らしさ」「大阪らしさ」をテーマに駅毎に異なる発車メロディを採用しています。
「この曲いいね」「ワタシなら、この駅のはあの曲」と考えながら、楽しい曲・心に残る名曲・オリジナル曲を各駅で電車が発車するたびにお楽しみください♪

大阪環状線改造プロジェクト進行中!

東海道線支線地下化・新駅設置

東海道線支線地下化・新駅設置

東海道線支線地下化・新駅設置

大阪駅北地区のうめきたエリアでは、周辺地域との一体的なまちづくりが進められています。その西側を縦断している東海道線支線の梅田信号場(旧梅田貨物駅)では、まちづくりと一体となって約1.7キロメートルの地下化工事が計画されています。地下化により、踏切の除却および交差道路の安全性向上が図られます。
あわせて、大阪駅に近接して新駅(仮称:北梅田)を設置することで、関西国際空港へのアクセスおよび広域ネットワークの強化に大きく貢献することが期待されています。
平成35年春の地下化と新駅開業をめざして工事を進めています。

広島エリア関連プロジェクト

広島エリアでは、まちづくりと一体となった新駅設置・駅改良、広島駅周辺の拠点性向上を目的としたプロジェクトを行っています。

広島駅橋上化・広島鉄道病院新築移転

広島駅の周辺地図

広島駅の上空写真

移転後のイメージイラスト

広島病鉄道院のイメージイラスト

広島駅では、周辺の土地区画整理事業などとあわせ、駅の橋上化、南北自由通路の設置および店舗の増床などの一体的整備を行っています。
また、広島鉄道病院は、二葉の里地区まちづくり基本計画における医療・福祉機能を担うエリア内に位置しており、より質の高い医療を提供し、引き続き地域の中核病院としての役割を果たすべく、平成28年1月に新築移転された後、同年4月に医療法人JR広島病院として開院しました。

可部線電化延伸(可部線活性化事業)、新駅設置

可部線電化延伸(可部線活性化事業)、新駅設置

あき亀山駅のイメージイラスト

河戸帆待川駅のイメージイラスト

寺家駅のイメージイラスト

可部線電化延伸(可部線活性化事業)

可部線の可部から三段峡間は平成15年に廃止となりましたが、沿線の宅地開発が進むとともに地元からも強い復活の要望がありました。そのため、広島北部方面の公共交通の軸である可部線の利便性向上や沿線のまちづくりにつながる施策として、廃止区間のうちの一部(可部駅から河戸エリアまでの1.6km)を電化延伸し、あき亀山駅と河戸帆待川駅の2つの新駅を平成29年春に開業する予定です。あわせて、安芸長束駅のバリアフリー化などの工事を行っています。

山陽線西条・八本松間新駅設置

山陽線の西条と八本松の中間に位置する寺家地区に新駅を設置します。
新駅は、寺家駅として平成29年春に開業の予定です。

新線

おおさか東線事業

おおさか東線事業の図

おおさか東線事業の図

おおさか東線は、新大阪駅から久宝寺駅に至る路線で、大阪外環状鉄道(株)が事業主体となって城東貨物線の施設や用地を活用しながら旅客線とする整備が進められています。南区間(放出〜久宝寺間)は平成20年3月に開業し、現在、北区間(新大阪〜放出間)において平成31年春の開業をめざし、工事を進めています。
当路線が完成すると、大阪外縁部において都心部から放射線状に広がる路線を相互に連絡することとなり、鉄道の広域ネットワークの形成に大きく貢献するものと考えています。

工事延長 約20.3キロメートル(新大阪駅〜久宝寺駅)
新線建設区間:新大阪駅〜淡路駅(仮称) 約3.2キロメートル
複線化区間:淡路駅(仮称)〜久宝寺駅 約17.1キロメートル
電化区間:新大阪駅〜久宝寺駅 約20.3キロメートル
設置駅数 14駅(新大阪、久宝寺駅などの既設駅、衣摺駅(仮称)を含む)

新駅

駅を核とした地域のまちづくりに寄与するとともに、お客様の利用しやすい輸送機関となるよう新駅の設置を進めています。

JR京都線 摂津富田〜茨木駅間

JR京都線 摂津富田〜茨木駅間の路線図

半地下駅舎でホーム構造は島式1面です。開業は平成30年春を予定しています。

おおさか東線 JR長瀬〜新加美駅間

おおさか東線 JR長瀬〜新加美駅間の路線図

おおさか東線 JR長瀬・新加美駅間新駅のイメージイラスト

高架下駅舎でホーム構造は相対式2面です。開業は平成30年春を予定しています。

嵯峨野線 京都〜丹波口駅間

嵯峨野線 京都〜丹波口駅間の路線図

嵯峨野線 京都〜丹波口駅間新駅のイメージイラスト

高架下駅舎でホーム構造は相対式2面です。開業は平成31年春を予定しています。

JR大和路線 奈良〜郡山駅間

JR大和路線 奈良〜郡山駅間の路線図

高架下駅舎でホーム構造は相対式2面です。開業は未定です。

おおさか東線 北区間(新大阪〜放出駅間)

おおさか東線 新大阪〜放出駅間の路線図

おおさか東線 西吹田駅のイメージイラスト

おおさか東線 淡路駅のイメージイラスト

おおさか東線 都島駅のイメージイラスト

おおさか東線 野江駅のイメージイラスト

おおさか東線は、新大阪駅から久宝寺駅に至る路線で、大阪外環状鉄道(株)が事業主体となって城東貨物線の施設や用地を活用しながら旅客線とする整備が進められています。
南区間(放出〜久宝寺間)は平成20年3月に開業し、現在、北区間(新大阪〜放出間)において平成31年春の開業をめざし、工事を進めています。
当路線が完成すると、大阪外縁部において都心部から放射線状に広がる路線を相互に連絡することとなり、鉄道の広域ネットワークの形成に大きく貢献するものと考えています。

計画概要

東海道支線 新駅(うめきたエリア)

東海道支線 新駅(うめきたエリア)間の路線図

大阪駅北地区のうめきたエリアでは、周辺地域との一体的なまちづくりが進められています。その西側を縦断している東海道線支線の梅田信号場(旧梅田貨物駅)では、まちづくりと一体となって約1.7キロメートルの地下化工事が計画されています。地下化により、踏切の除却および交差道路の安全性向上が図られます。
あわせて、大阪駅に近接して新駅(仮称:北梅田)を設置することで、関西国際空港へのアクセスおよび広域ネットワークの強化に大きく貢献されることが期待されています。
平成35年春の地下化と新駅開業をめざして工事を進めています。

山陽線 西条〜八本松駅間

山陽線 西条〜八本松駅間のイメージイラスト

山陽線 西条〜八本松間の路線図

山陽線の西条と八本松の中間に位置する寺家地区に新駅を設置します。新駅は、寺家駅として平成29年春に開業の予定です。

可部線 可部駅〜河戸エリア

あき亀山駅のイメージイラスト

河戸帆待川駅のイメージイラスト

可部線 可部駅〜河戸エリアの路線図

可部線電化延伸(可部線活性化事業)

可部線の可部から三段峡間は平成15年に廃止となりましたが、沿線の宅地開発が進むとともに地元からも強い復活の要望がありました。そのため、広島北部方面の公共交通の軸である可部線の利便性向上や沿線のまちづくりにつながる施策として、廃止区間のうちの一部(可部駅から河戸エリアまでの1.6km)を電化延伸し、あき亀山駅と河戸帆待川駅の2つの新駅を平成29年春に開業する予定です。あわせて、安芸長束駅のバリアフリー化などの工事を行っています。

駅改良

新大阪駅改良(JR京都線)

新大阪駅改良

新大阪駅改良

新大阪駅では、利便性の高い快適な駅をめざし、構内配線変更、在来線のコンコースや出改札のリニューアル工事を進めています。
おおさか東線北区間工事に伴う構内配線変更の工事では、東側のスペースに1面2線の5号ホームを新設し、順次線路切換とホーム休止を繰り返すことにより、施工箇所を西側に切り換えていきます。最終的には一番西側のホームにおおさか東線の列車が発着することになります。ホーム休止時には、ホームの段差解消、エスカレーター新設、美装化など、改良工事を行っています。
在来線コンコースでは、お客様トイレおよび待合スペースをリニューアルし、平成27年12月には「エキマルシェ新大阪」がオープンしました。

茨木駅改良(JR京都線)

茨木駅改良の外観

茨木駅改良の内観

駅構内へのエスカレーター設置やトイレの段差解消など駅施設の改良により、お客様の利便性向上を図るとともに、自然採光や通風を利用し、明るく快適な駅にします。これにより、市の玄関口としてのイメージアップやにぎわいの創出を図ります。
エスカレーター使用開始は平成29年春、店舗開業は平成30年春の予定です。

高架化・橋上化

東淀川駅橋上化(JR京都線)

東淀川駅橋上化(JR京都線)

JR京都線(東海道線)東淀川駅前後に位置し、当社管内で遮断時間が最も長い南宮原踏切、北宮原踏切を廃止し、東淀川駅を橋上化します。大阪市との共同事業として、踏切の代替となるバリアフリーに対応した自由通路(幅員6メートル)を整備します。また、既存の駅構内こ線橋を活用し、自由通路に接続する橋上駅舎(当社事業)を整備することで、快適でご利用いただきやすい駅になります。平成30年末ごろの使用開始をめざし、同時に踏切の廃止を予定しています。

東岸和田駅付近高架化(阪和線)

東岸和田駅付近高架化(阪和線)の外観

東岸和田駅付近高架化(阪和線)の外観

東岸和田駅の図

阪和線東岸和田駅付近では、約2.1キロメートルの高架化工事を進めています。
この工事が完成すると、7箇所の踏切が除却できるため、安全性が向上し、交通渋滞の解消が図られるとともに、駅周辺の交流の活性化が図られます。
また、エスカレーターやエレベーターを設置することで、より一層お客様にご利用いただきやすい駅になります。
平成27年2月には、和歌山方面行き線路を高架化し、先行して使用開始しています。

輸送改善

阪和線 輸送品質向上の取り組み

運行管理システムの更新

運行管理システムの更新

平成25年9月、運行管理システム(列車の進路を自動制御するとともに、列車の運行状況に応じたお客様への案内機能を備えたシステム)をリニューアルしました。
これにより、「データ処理能力や操作性の向上による、異常時におけるダイヤ収束の早期化」、「指令員訓練装置の導入による、異常時対応能力の向上」、「駅の発車標や自動放送の充実による、お客様への案内レベルの向上」、「保守作業のシステム化による、保安度の向上」を実現しています。

折り返し設備の新設・拡充

折り返し設備の新設・拡充

新たに、鳳駅、東貝塚駅、熊取駅の3駅に列車の折り返し運転が可能となる設備を整備しました。
これにより、従来に比べて「異常時におけるダイヤ収束の早期化」「異常時における運転本数の確保」がしやすくなっています。

踏切長時間鳴動対策の実施

踏切長時間鳴動対策の実施

異常時に、列車を駅に長時間停止せざるを得なくなった場合、駅付近の踏切が鳴り続けたままとなってしまい、交通渋滞などを発生させていました。
そこで、列車の運行を管理・制御する指令所から信号機を遠隔操作できるようにして、必要な場合には指令所から駅の信号機を停止信号(赤)にして列車を確実に止めることで、駅付近の踏切の鳴動を停止させる対策を実施しました(天王寺〜日根野駅間)。

新車の導入

新車の導入

平成28年度から29年度に、阪和線に122両の新車を導入します。
安全と快適性にこだわった新車が登場。普通電車も、順次新車になります。

奈良線第2期複線化事業

奈良線第2期複線化事業の図

奈良線第2期複線化事業の図

奈良線第2期複線化事業

奈良線はこれまで1期複線化(京都〜JR藤森、宇治〜新田間)や新駅設置などの輸送改善により着実にご利用が増加してきましたが、単線区間の介在による定時性の確保などの課題も残されています。
2期複線化事業では、沿線自治体のご協力を得ながら、「JR藤森〜宇治」、「新田〜城陽」、「山城多賀〜玉水」の計14.0キロメートルの複線化を行います。今回の複線化で、ご利用者の多い「京都〜城陽」間は全て複線となり、奈良線の更なる利便性向上、安全・安定輸送を実現できるものと考えています。
また、複線化事業にあわせて、駅ホームの安全性向上などを目的とした京都駅と六地蔵駅の駅改良や玉水駅の橋上化、山城多賀駅のバリアフリー化、踏切保安度向上のための3次元レーザーレーダ式障害物検知装置、踏切警報時間制御装置(通称:賢い踏切)の整備など、線区全体で安全性を高める取り組みも行います。複線化事業は、平成35年春の開業を予定しています。


環境影響評価書(平成28年3月)

※環境影響評価法第25条に基づく補正後の環境影響評価書です

本編

このたび弊社は、環境影響評価書を作成しました。
環境アセスメントの結果を事業内容に反映させることにより、環境の保全に配慮しながら工事を進めてまいります。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

鉄道・おでかけ情報

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ