このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

安全研究所

ヒューマンファクターの視点から、「いつでも」「どこでも」「だれでも」できる安全を、私たちは追求します。
安全研究所
安全研究所の取り組み:安全への考え方と研究所の取り組みをご紹介します。
研究成果の活用:研究成果の発表を通じての社会貢献をめざします。
研究体制:研究開発体制や施設をご紹介します。

「安全研究所」は、二度と重大な事故を繰り返さないとの決意から2006年6月23日に設立されました。「いつでも」「どこでも」「だれでも」できる安全を、現場とともに追求する。つまり、真に現場に役立つ実効性のある研究・調査を、ヒューマンファクター(人的要因)の視点を中心として多角的に推進する組織です。

基本方針

私たちは、研究を進めていくにあたり鉄道が多くの人手を介して運営されていることから、「いつでも」「どこでも」「だれでも」という3つの言葉をキーワードとし、安全研究所の基本方針を策定しました。

安全研究所「基本方針」

私たちは、「いつでも」「どこでも」「だれでも」できる安全を追求します。

  • 1. 社内外との密接な連携を図り、ヒューマンファクター等の視点から安全を研究します。
  • 2. 現場から頼られるとともに、安全を最優先する企業風土の実現を目指します。
  • 3. 研究成果を有効活用するとともに社外にも公開し、広く社会に貢献します。

ヒューマンファクターとは

ヒトは、長い進化の過程で安定した生活を送るために、さまざまな知恵や習慣を身につけてきました。このような特性は日常の生活を送る上でたいへん便利なものですが、時としてそれが失敗に繋がったり、他の人を傷つけてしまうこともあります。
鉄道のように多くの人や装置が組み込まれたシステムにおいては、こうしたヒトの特性がさまざまな形でシステム全体の機能に影響します。そこで、システムにおける人間の要因・特性を特に「ヒューマンファクター」と呼び、システムから要求された作業内容やその時の環境がヒューマンファクターとうまく合致せず、システムの期待通りの作業が行われなくなることを「ヒューマンエラー」といいます。
システムから要求される作業や環境がヒトの特性に合うようになっていればいるほど、それだけヒューマンエラー発生の可能性は下がってきますので、システムの安全性を高めていくためにはヒューマンファクターに対する理解はたいへん重要となります。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

安全の取り組み

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ