このページの本文へ移動

技術開発の取り組み

鉄道を社会基盤として持続的に運営していくためには、将来にわたり安全とCSを維持・向上するとともに、少子高齢化が進むなかさらに効率的に運営できる仕組みを構築することが必要であり、それを支えるのは「技術」です。「ありたい姿」をしっかり見据え、鉄道経営に資する技術戦略の構想と実現、技術戦略に基づく課題解決を推進していくとともに、厳しい事業環境においても鉄道の安全をより効率的に維持・向上していくため、鉄道オペレーションのシステムチェンジをめざした技術開発を推進し、絶え間ない革新をめざします。

技術開発の取り組み

一覧へ

現場における研究開発

現場起点の考動を実践し、現場の自立的な技術的課題解決意欲を向上するための支援として、「現場の研究・開発制度」を実施しています。

現場での業務において、業務改善や技術的課題解決が必要となったときに、いつでも取組むことができ、改善・解決が成就するように本社・支社が連携して現場をサポートする制度です。

一覧へ

技術の泉

JR西日本の技術開発を社内および社外の皆さまに発信するため、技術情報誌「技術の泉」を発行しております。JR西日本では、中期経営計画において「技術」を「安全」・「CS」にならぶ重点戦略のひとつとして、さらなる技術開発の推進および技術力の向上に努めているところです。本誌を通じて、当社が抱えている技術課題およびそれに向けた解決への取り組みを、皆様にご理解いただければと考えております。

一覧へ

企業としての取り組み(CSR)に戻る

ここからがフッターです。

このページの先頭へ