祈りの杜 福知山線列車事故現場

祈りの杜 福知山線列車事故現場

祈りの杜 福知山線列車事故現場 について

2005年4月25日、私たちは、福知山線において、106名のお客様の尊いお命を奪い、500名を超える方々を負傷させるという、極めて重大な事故を惹き起こしました。お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、ご遺族の皆様、お怪我をされた方々とそのご家族の皆様に深くお詫び申し上げます。

また、周辺にお住まいの方々をはじめ、多くの方々に大変なご迷惑をおかけいたしましたことを心よりお詫び申し上げます。あわせまして、警察、消防、自衛隊、医療機関、周辺企業、自治体や地域の方々など、救急・救助活動にご尽力いただいた皆様に深く感謝申し上げます。

事故現場は、お亡くなりになられた方々のご無念、ご遺族様のお悲しみ、また、お怪我をされた方々のお辛い記憶などの様々なお気持ちや、列車が脱線し衝突した痕跡など、事故の事実が残る非常に大切な場所でございます。

この「祈りの杜」は、お亡くなりになられた方々の慰霊・鎮魂の場として、また、将来にわたり事故の痕跡を保存し、事故を決して風化させることなく、いのちの大切さを社会や後世に伝え続けていく場として、そして私たちが事故を反省し、安全を誓い続けていく場として、整備しております。

将来にわたり、この場所を、私たちが責任を持って大切にお守りし続けるとともに、「福知山線列車事故のような事故を二度と発生させない」との変わらぬ決意のもと、社員一人ひとりがこの事故を心に刻み、鉄道の安全を追求し続けてまいります。

祈りの杜 各所のご案内

事故現場には、お亡くなりになられた方々の慰霊・鎮魂の場として、慰霊碑を設けております。

また、事故を決して風化させぬよう、列車がマンションに衝突した痕跡が残る部分を中心に、列車が脱線してからマンションに衝突するまでの空間や、懸命な救急・救助活動の行われた場所を保存しております。

慰霊碑の傍らには、事故の概要、弊社としてのお詫び、反省と安全の誓いを記しております。

■場内図

慰霊碑
列車とマンションの衝突場所に向かって、天の御霊に祈りを捧げるお気持ちを表現した慰霊碑を設けております。

慰霊碑

追悼の空間
お亡くなりになられた方々を偲んでいただけるよう、ご遺族様や親しい方などからお亡くなりになられた方へ宛てたお手紙や、追悼のお気持ちを形にされたお品をお預かりしております。

追悼の空間

事故を伝える空間
事故が発生した当時の状況や救急・救助活動の様子、事故の原因や反省など、事故の詳細な内容に関する展示をしております。
資料室には、事故直後の写真やこの事故に関する報道や出版物などの資料がございます。

事故を伝える空間

ご来場の皆様へ

■祈りの杜は、毎日午前8時に開門し、午後8時に閉門いたします。ただし、荒天時など臨時に閉場させていただく場合がございます。

■ご来場の際には、ご記帳をお願いいたします。

■慰霊碑前及びマンションの北東部に献花台を設けています。

■慰霊の場の趣旨をご理解いただき、ルールやマナーをお守りください。

禁止事項

飲食や喫煙は、建物内にある休憩室でお願いします。

他のご来場者に迷惑となる行為等が行われた際には、ご退場いただく場合がございます。

アクセス

アクセスマップ

GoogleMapはこちら

〒661-0977 兵庫県尼崎市久々知3丁目27-30

J R
:JR尼崎駅下車、徒歩約20分
阪急
:阪急塚口駅からバスで「久々知」下車、徒歩約10分
阪神
:阪神尼崎駅からバスで「久々知」下車、徒歩約10分

※駐車場の数には限りがあります。公共交通機関をご利用ください。

パンフレット

ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。ご案内パンフレット
(日本語版 PDF形式 1.1MB)

ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。Information Brochure
(English PDF 1.1MB)