このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

株式情報

株主還元(配当)

基本方針

当社は、長期安定的な株主還元が重要と考えております。中期経営計画期間(2013〜2017年度)においては、前計画期間に引き続き、自己資本を勘案した株主還元を行っていきます。

具体的には、北陸新幹線金沢開業後のご利用状況や、中期経営計画で掲げた目標の達成状況を踏まえて、2017年度において、連結ベースでの「自己資本総還元率(注釈)」3%程度をめざします。
(注釈)自己資本総還元率(%)イコール(配当総額プラス自己株式取得額)わる連結自己資本かける100

なお、当社の剰余金の配当は、中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針としています。配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会です。また、当社は、取締役会の決議によって中間配当を行うことができる旨を定款で定めています。

配当推移

配当推移
2014年
3月期
2015年
3月期
2016年
3月期
2017年
3月期
2018年
3月期
1株あたり年間配当額(円) 115 125 135 140
(予定)
160
(予想)
うち中間配当額(円) 55 60 65 70 80
(予想)
連結配当性向(%) 33.9 36.3 30.4 29.7 未定
株主還元(配当)

このページの先頭へ

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

企業・IR・採用

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ