1. トップ
  2. 社員紹介
  3. 西口 健太郎

総合職採用

施設(土木)

大阪工事事務所 京都工事所 助役 施設系(建設) 西口 健太郎 2002年 入社

Career Step

  1. 2002年福知山支社 福知山保線区 施設管理係
  2. 2003年大阪建設工事事務所 福知山工事所 施設管理係
  3. 2006年鉄道・運輸機構(国土交通省 都市・地域整備局派遣) 出向
  4. 2007年大阪工事事務所 博多工事所 施設管理係
  5. 2010年大阪工事事務所 施設技術課(おおさか東線担当)
  6. 2012年本社 建設工事部(停車場改良)
  7. 2013年本社 総合企画本部(都市圏輸送改善)
  8. 2016年大阪工事事務所 京都工事所 助役

九州新幹線開業。
短期間での博多駅改良工事に挑む

大阪工事事務所 博多工事所 施設管理係

2011年春、九州新幹線の新八代・博多間が開業し、山陽新幹線との直通運転が始まりました。これに先駆けて行われたのが、博多駅の改良工事です。国家的ともいえるこのプロジェクトにおいて、私は、高架橋の増設工事と線路新設工事の監理を担当しました。
駅の新設や高架化という類似の工事は、実はこの数年前に福知山駅で経験していました。そのためある程度のノウハウは身に付けていたのですが、今回はJR九州との連携が不可欠になる。しかも工期が非常に短い。難しい条件の中での工事でした。
そこで取り組んだのが、通常にも増しての情報共有の徹底です。お互いの工事予定を1日単位で把握し、JR九州の工事にすきま時間ができるようであれば、そこに当社の工事を組み込むようにしました。ほんのわずかな空き時間に、資材の運び入れをしたこともあります。そういった日々を積み重ねるなかで、会社の枠組みを越えて目標を共有し、一体となって働く心地良さやそこから生まれるエネルギーの大きさを感じました。
またこの時、鉄道総合研究所の助言を得ながら耐震性能の評価を行ったことも思い出深いです。模型を作って破壊実験を行い、そこから得られたデータを理論に照らし合わせて設計に落とし込んだのです。結果、耐震補強工事の効率化が可能になり、工期短縮に大きく貢献できました。この時まで私は、設計とは工事の図面を描くことだと思っていたところがありました。しかしこの経験を通して、厳しい施工環境の中でいかに効率的・効果的に工事を行えるかは、設計次第だということを学びました。設計は、課題を解決する力を持っているのです。改めて技術の意義や魅力と出合うことのできたプロジェクトでした。

成長を支えたもの

早くから仕事を任せてもらったことが、成長を後押ししてくれたと思います。当社で言う「任せてもらった仕事」とは、調整役やまとめ役です。仕事のために必要な知識や果たすべき役割は非常に多いのですが、その分、早いスピードで成長できました。もちろん、経験の浅い私では荷が大きくなり過ぎそうなこともありました。そんな時、タイミング良く上司がサポートしてくれるのです。ですから決して「任されっきり」にはなりません。上司からの指導では、「こうしなさい」という答えをもらうよりは、「考えの拠り所、ヒント」をもらったことが印象的です。教えてもらいつつも、自分でしっかりと考えるように常に促してもらったことが、成長につながったと考えます。

まちづくりにかける思いをカギに、
立場の違いを越えて信頼関係を築いていく

総合企画本部(都市圏輸送改善)

入社以来携わってきた土木工事の仕事から一転し、2013年には、将来の会社の経営を支えるプロジェクトを企画・実行する総合企画本部の一員となりました。携わったのは、北梅田新駅(仮称)を中心とした大阪駅北地区(うめきた)の開発に関する、設備投資の企画業務です。
まちづくりには、鉄道会社だけでなく自治体や地元の企業・商業施設など、多くの関係者の思いが詰まっています。ましてうめきたは、「都心に残された最後の一等地」と言われるほどの大規模案件です。関わる人や組織は数多く、思惑も複雑に入り乱れます。利害関係が相反することも珍しくありません。交渉や調整は一筋縄ではいきませんでした。
そんななかで心がけたのが、お互いの意見の一致する点と一致しない点をしっかりと切り分けることです。そのうえで一致しない点については、なぜ一致しないのか、どんな事情が両者の背景にあるのか、などを話し合いました。こうすることで時には一方が歩み寄ったり、あるいは当初は考えていなかった代替案を作り出すことができたのです。私の場合は、現場での経験を活かして当社の思いの背景となっている鉄道システムの全体像や、技術事情を説明するように努めました。
交渉に携わった人や企業は皆、それぞれに異なる立場にいました。しかし、論理的な話し合いを重ねることで、確かな信頼関係を築くことができました。その積み重ねが、事業化への合意でした。うめきたはいま、まちづくりの真っ最中です。都市公園を中心に据えた緑あふれるまちに新たな駅が誕生する姿を思い浮かべると、楽しみで仕方ありません。

工事所の助役に就任。
新たな役割で現場に立つ

大阪工事事務所 京都工事所 助役

7年ぶりの現場復帰の舞台は、京都工事所。奈良線の一部に残っていた単線部分を複線化する工事の監理が、大きなミッションでした。
複線化によってお客様の利便性は確実に向上します。とはいえ、沿線に暮らす方にとっては「土地が買収されてしまうのではないか」「騒音がひどくなるのではないか」という不安もあります。そこで私の役割となったのが、沿線の方への説明です。集会所などで開く説明会に加えて、個別にご自宅を訪問し、一緒に工事予定地を見ながら説明を重ねました。足繁く現地を訪れているうちに地域の方にも顔を覚えてもらい、「助役さん、仕事熱心やね」と声をかけていただくことも。鉄道という地域に根ざしたインフラに携わるうえで、地域の方と信頼関係を築け、共に発展をめざせるような間柄になれたことがとてもうれしかったです。
京都工事所では、後輩の育成という役割も担っています。力を入れているのは、「安全を最優先に考動する」という文化を一緒になって築き上げること。そのために、過去の工事における事故データベースを活用しながら現在の工事現場に置き換えて考え、リスクを予測する力の向上に取り組んでいます。また、あえて私からは答えを出さずに、後輩たちが自分で考えて答えにたどり着くようにしています。見ていると試行錯誤、四苦八苦していて手を差し伸べたくもなるのですが、そういった苦労の末に得たものこそが本当の力になる。そして、成果を出せた時の本人の喜びも大きい。いまは、そうやって喜びにたどり着いた後輩の姿を見ることが、私の喜びになっています。
後輩たちが独り立ちしてくれると、私は地域に足を運び、住民の方と対話する時間を増やすことができます。そのことが工事をスムーズに行うための環境づくりになり、結果、後輩たちが力を発揮しやすくなります。この好循環を、これからもさらに加速させたいです。

私の地域への取り組み

かつて奈良線は、日中には30分間隔にしか列車が運行していないローカル線でした。しかし時代と共に沿線の宅地開発が進み、人口が増加しました。近年では海外からの観光客も劇的に増えています。そういったなか、現在取り組んでいる複線化とそれによる安定輸送は、地域の方の利便性向上や街の賑わい創出に大きく貢献できるものだと自負しています。全面的な複線化の完成は2023年春の予定です。その日まで、地域の皆さんと対話を重ねながら、安全で質の高い工事を進めていきたいです。