このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

「お客様の声」からの改善事例

嵯峨嵐山駅、保津峡トンネル付近の踏切での海外のお客様へのご案内その他

お客様の声

京都方面の踏切で、外国人の観光客が線路に立ち入って京都駅方向に向かって写真撮影をしている光景が多発している。線路内立ち入りで、列車が止まる可能性もある。人身事故にも繋がりかねない、大変危険な行為だと思う。入ってはいけない旨を書いた多国語の看板を立てるなど、対策を早急に取った方がいい。

(男性、60代ほか)

改善しました

改善後の写真

嵯峨嵐山の保津峡トンネル付近にある野々宮踏切に、外国語の注意喚起文を掲載した看板を設置しました。
また、嵯峨嵐山駅では、列車の接近が分からない海外からお越しのお客様が多かったため、特にご利用の多い英語・中国語による列車接近放送を追加いたしました。

  • 「お客様の声」からの改善事例一覧へ
  • お客様の声を実現する取り組みトップへ
ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

企業・IR・採用

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ