このページの本文へ移動

技術開発の取り組み

JR西日本技術ビジョン

技術ビジョンの策定

JR西日本は2018年3月に技術ビジョンを公表いたしました。
この技術ビジョンは、当社のありたい姿の実現を技術面から模索していく姿を示しています。
そして、現状とありたい姿とのギャップから私たちが取り組むべき課題を明確化し、その課題を解決していく手段として技術を活用する方向性として示すものです。
概ね20年後の3つのありたい姿「さらなる安全と安定輸送の追求」、「魅力的なエリア創出の一翼を担う鉄道・交通サービスの提供」、「持続可能な鉄道・交通システムの構築」の実現にむけて取り組み、技術で切り拓く交通の進化にチャレンジします。

技術ビジョン(PDF形式3.9MB)

技術ビジョン具体化に向けた取り組み

2023年春開業予定の「(仮称)うめきた(大阪)地下駅」で技術ビジョンの具体化に挑戦します

JR西日本では、2023年春の開業に向けて、(仮称)うめきた(大阪)地下駅の建設工事を進めています。
(仮称)うめきた(大阪)地下駅は、大阪の中心に位置し、「みどり」と「イノベーション」の融合拠点となるうめきた2期エリアの最寄り駅であるとともに、2031年にはなにわ筋線の開業も予定され、海外からのお客様をお迎えする玄関口として期待されています。


今回、技術ビジョン公表にあたり、(仮称)うめきた(大阪)地下駅を技術ビジョンの具体化に挑戦する未来駅と位置づけ、シームレスでOne to Oneのサービスの実現を目指すこととしました。オープンイノベーションにより、様々なパートナーの方々と検討を進めていきます。

技術ビジョンの取り組みに関するニュースリリース
技術ビジョン、技術ビジョン具体化に向けた取り組みに関するメールでのお問い合わせ、ご意見・ご要望
【ご利用案内】
  • お客様にご提供いただきました個人情報につきましては、お客様へのご連絡・ご回答あるいは個人を特定できないように加工した資料を作成・開示すること以外の目的に使用することはございません。個人情報の管理につきましては、「個人情報の取扱いに関する当社の基本方針」をご覧ください。
  • 商品セールス等、弊社へのご意見以外の内容を送信することは、固くお断りいたします。
  • 回答につきましてはメールでの返信を原則とさせていただきますが、お問い合わせの内容によっては、電話等メール以外の方法でご連絡させていただく場合やお問い合わせ内容に関係する会社から直接回答させていただく場合がございますのでご了承ください。
  • ご記入いただいた内容の事実確認や状況確認等を行いますので、回答に時間がかかる場合がございます。また、いただいたお問い合わせに対して、回答を差し上げられない場合がございますのでご了承ください。
  • 弊社から回答させていただいた内容は、お客様個人に宛てたものです。回答メールの内容の一部または全部を転用することは、固くお断りいたします。
  • お問い合わせに対する回答は、westjr.co.jpのドメインによりお送りしますので、受信できるよう設定をお願いいたします。

当社ホームページからお問い合わせ用紙をダウンロードしていただき、メールにて、ご意見・ご要望をお送りください。

お問い合わせ用紙(16KB)

技術開発の取り組みに戻る

  • トップページ
  • 技術開発の取り組み
  • 現場における研究開発
  • 技術の泉
ここからがフッターです。

このページの先頭へ