このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

経営方針

ディスクロージャーポリシー

情報開示の基準

当社は、金融商品取引法等の関連法令や上場証券取引所の適時開示規則に基づき、当社、及び当社グループに関する必要な情報開示を行います。この場合以外にも、当社の判断により、投資家の皆様の当社、及び当社グループへの理解を深めるために有効と考えられる情報につきましても、積極的かつ公平に開示するように努めます。

情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供するTDネットにて公開します。TDネットにて公開した情報につきましては、当社ホームページに速やかに掲載するように努めます。また、適時開示規則に該当しない情報についても、当社の判断により開示が望ましいと考えられる情報につきましては、当社ホームページへの掲載等により、できるだけ公平かつ広範な情報開示を行います。従いまして、TDネットとあわせて当社ホームページに掲載される情報をご参照いただきますようお願いいたします。

インサイダー取引の未然防止

2004年2月1日、インサイダー取引規制上の公表措置充足要件を規定した、旧証券取引法施行令第30条(12時間ルール)が改正されました。証券取引所の適時開示規則に準拠して、会社情報がTDネットにて公開された時点で、インサイダー取引規制上の公表措置が完了することとなります。 当社は、適時開示規則に準拠し、公表が必要となる会社情報、および投資判断に影響を与えると当社で判断した重要な会社情報については、TDネットにて公開します。このような情報の開示によって、当社はインサイダー取引の未然防止に努めます。

投資判断について

当社ホームページへの情報掲載につきましては、当社、及び当社グループへのご理解を深めていただくことを目的としており、投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する決定は、ご自身のご判断において行われるようお願いいたします。

決算発表前の情報の不開示について(沈黙期間)

当社は決算情報の漏洩防止と公平性確保のために、各四半期決算発表日前2週間を沈黙期間とし、決算に関する質問への回答、コメントを差し控えさせていただきます。ただし、沈黙期間中に業績予想を大きく変化させる見込みが出てきた場合、適時開示規則に基づき開示することとします。

免責事項

当社が発表する将来の計画、見通しについては、現時点で入手可能な情報に基づき、合理的であると判断する一定の前提によるものであり、実際の業績は様々なリスクや不安定要素により、計画や見通しと異なる結果になる可能性があることをご承知おきください。また、計画や見通しは修正されることがあることもあわせてご承知ください。

このページの先頭へ

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

企業・IR・採用

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ