このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2016年12月16日列車の運行

平成29年春ダイヤ改正について
ダイヤ改正日:平成29年3月4日(土曜日)

JR西日本では、平成29年3月4日(土曜日)にダイヤ改正を実施します。
山陽新幹線では新ATC導入に伴い所要時間の短縮および乗り心地の向上を図ります。北陸新幹線では一部「かがやき」をご利用しやすい時刻に見直し、在来線特急では「サンダーバード」について、北陸新幹線との乗換時間短縮および高槻駅への新規停車を実施します。近畿エリアでは新快速の編成増強や嵯峨野線の増発、広島エリアでは可部線の延伸開業や新駅開業を中心とした輸送改善を実施します。
このたび、その内容がまとまりましたので、お知らせします。

詳細

《山陽新幹線》
○新ATC導入に伴う所要時間の短縮および乗り心地の向上
○東海道新幹線と直通する全定期「のぞみ」「ひかり」をN700Aで運転
○臨時「みずほ」を高い頻度で運転

《北陸新幹線》
○「かがやき」をご利用しやすい時刻に見直し

《在来線特急》
○特急「サンダーバード」
・北陸新幹線との乗換時間を短縮
・一部列車を高槻駅に新規停車

《近畿エリア》
○JR京都・神戸線の新快速を終日12両編成で運転
○嵯峨野線の昼間時間帯の普通列車を増発

《広島エリア》
○可部線延伸開業
○山陽線に「寺家駅」が開業

※注釈詳細(JR西日本全社)についてはこちらをご覧ください。(PDF形式 410キロバイト)


《各エリアのダイヤ改正について》
※注釈北陸エリアについてはこちらをご覧ください。(PDF形式 750キロバイト)
※注釈京阪神エリアについてはこちらをご覧ください。(PDF形式 450キロバイト)
※注釈和歌山・南紀エリアについてはこちらをご覧ください。(PDF形式 259キロバイト)
※注釈北近畿エリアについてはこちらをご覧ください。(PDF形式 445キロバイト)
※注釈岡山・福山エリアについてはこちらをご覧ください。(PDF形式 544キロバイト)
※注釈広島・山口エリアについてはこちらをご覧ください。(PDF形式 458キロバイト)
※注釈山陰エリアについてはこちらをご覧ください。(PDF形式 304キロバイト)
※注釈博多・小倉エリアについてはこちらをご覧ください。(PDF形式 300キロバイト)
※注釈 JRグループについてはこちらをご覧ください。(PDF形式 327キロバイト)

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ