このページの本文へ移動

ニュースリリース

2020年2月14日
ご報告

山陽線 富海〜防府駅間 高架橋よりコンクリート片が落下した件について

2020年2月14日、山陽線 富海〜防府駅間の高架橋よりコンクリート片が落下しました。このたびは、ご心配をおかけし、申し訳ございませんでした。

詳細

1 受報日時  
 2020年2月14日(金曜日) 午前8時20分ごろ

2 場所
 山陽線 富海〜防府駅間
 ※注釈:防府駅から約2.5キロメートル富海駅寄り

3 概況
  午前8時20分ごろ、当該箇所付近の歩道を通行中の方から、コンクリ―ト片のようなものが、歩道に落ちていると電話がありました。
 社員が現地の確認を行ったところ、高架橋からコンクリート片が剥離し、歩道に落ちていることが確認できました。なお、これによる通行人の方などのお怪我はございません。

4 落下物
 ・コンクリート片(1個)
 ・総重量:約190グラム
 ・大きさ:長さ150ミリメートル×幅50ミリメートル×厚さ15ミリメートル
 ・側道から剥落箇所までの高さ:約7.0メートル

5 原因  
  コンクリート中の鉄筋が腐食し、その膨張圧によって表面のコンクリートを押し出したものと推定されます。

6 対策  
  当該箇所については、本日、点検を実施しています。引続き周辺の箇所についても、明日以降、点検を実施していきます。

ニュースリリース一覧に戻る

以下のカテゴリから検索できます

以下の詳細カテゴリからも検索できます(2017年度以降のニュースリリース対象)

エリアを選択

年度・月を選択