このページの本文へ移動

ニュースリリース

2019年11月19日
ご報告

車両部品の落下について

 2019年11月19日、JR神戸線 大久保駅で検修係員が散水用ホースの固定金具がなくなっていることを発見しました。皆様にはご心配をおかけし、申し訳ございませんでした。

詳細

1 発見日時
 2019年11月19日(火曜日) 16時ごろ

2 発見場所
 JR神戸線(山陽線) 大久保駅

3 列車
 試運転列車 223系4両編成
 大久保駅(16時17分)発、網干駅(17時56分)行

4 概況
 16時ごろ、当該列車に乗車していた検修係員は、大久保駅で試験に用いる散水用のホースを固定している金具がなくなっているのを発見し、大阪総合指令所に連絡しました。その後、処置が完了したため、当該列車は17時17分に運転を再開しました。このため、和田岬線に遅れが発生しました。
 ※注釈:試運転のため、お客様はご乗車されていません。

5 落下物
 散水用ホース固定金具 1点(L字加工品)
 (材質:鉄製、長さ:約70センチメートル、幅:約4.5センチメートル、厚み:約4.5ミリメートル、重量:約5.6キログラム)

6 列車影響
 <運休>
 なし

 <遅れ>
 上り普通列車
 和田岬駅(17時25分)発、兵庫駅(17時29分)行が32分遅れたのを最大に、計9本(上り4本、下り5本)に32分から10分の遅れ

 <影響人員>
 約1,300名

7 原因
 調査中

ニュースリリース一覧に戻る

以下のカテゴリから検索できます

以下の詳細カテゴリからも検索できます(2017年度以降のニュースリリース対象)

エリアを選択

年度・月を選択