このページの本文へ移動

ニュースリリース

2019年10月18日
列車の運行

2019年【冬】の臨時列車の運転について
【2019年12月1日(日曜日)から2020年2月29日(土曜日):91日間】

詳細

<山陽新幹線>
 年末年始や三連休、週末を中心に、東海道・山陽新幹線を直通運転する「のぞみ」、山陽・九州新幹線を直通運転する「みずほ」「さくら」や新大阪と博多を結ぶ「ひかり」などの臨時列車を増発します。

<在来線(特急)>
 年末年始や三連休を中心に、大阪・京都と北陸を結ぶ「サンダーバード」、大阪方面と南紀方面を結ぶ「くろしお」の臨時列車を運転します。
 また、新大阪と奈良を結ぶ臨時「まほろば」を12月の週末、大阪と城崎温泉を結ぶ「こうのとり」の臨時列車を1月・2月の週末を中心に運転します。

 ※注釈:北陸新幹線については、台風19号による設備被害のため、臨時列車の運転計画を見直しております。決まり次第、あらためてお知らせさせていただきます。

予定表


<期間中の臨時列車運転本数>
運行本数集計表

 詳細はこちらをご覧ください。(PDF形式 616キロバイト)

 山陽新幹線(福岡エリア)については、こちらをご覧ください。(PDF形式 294キロバイト)
 北陸エリアについては、こちらをご覧ください。(PDF形式 121キロバイト)
 和歌山・南紀エリアについては、こちらをご覧ください。(PDF形式 258キロバイト)
 北近畿エリアについては、こちらをご覧ください。(PDF形式 148キロバイト)
 岡山・福山エリアについては、こちらをご覧ください。(PDF形式 438キロバイト)
 広島・山口エリアについては、こちらをご覧ください。(PDF形式 458キロバイト)
 山陰エリアについては、こちらをご覧ください。(PDF形式 142キロバイト)

ニュースリリース一覧に戻る

以下のカテゴリから検索できます

以下の詳細カテゴリからも検索できます(2017年度以降のニュースリリース対象)

エリアを選択

年度・月を選択