このページの本文へ移動

ニュースリリース

2019年8月24日
ご報告

JR神戸線(東海道線)住吉〜六甲道駅間
高架橋からコンクリートが落下した件について

 2019年8月24日、東海道線 住吉〜六甲道駅間の高架下の駐車場にコンクリートが落下しました。このたびは、ご心配をおかけし、申し訳ございませんでした。

詳細

1 受報日時
 2019年8月24日(土曜日) 午後2時45分ごろ

2 場所
 JR神戸線(東海道線)住吉〜六甲道駅間
 ※注釈:六甲道駅から住吉駅方面(東側)へ約600メートル

3 概況
 午後2時45分ごろ、「付近にお住いの方より、高架橋からコンクリートが落ちていると通報を受けた。」と警察から連絡を受けました。
 このため、現地に係員を派遣し確認したところ、高架橋から高架下の駐車場にコンクリートが剥がれ落ちているのを認めました。

 ※注釈:通行人におけがはありません。
 ※注釈:高架下は貸付駐車場です。
 ※注釈:高架橋から駐車場までの高さは約5.6メートルです。
 ※注釈:列車の運行に支障はありません。

4 落下物
(1)コンクリートが剥がれた範囲
 約2.9メートル×6.5メートル(厚さ約3センチメートル)
 ※注釈:コンクリートとともに補修材も落下

(2)総重量
 約1.3トン(推定)

5 原因
 鉄筋腐食によりコンクリートが剥落したものと推定していますが、詳細は調査中です。

ニュースリリース一覧に戻る

以下のカテゴリから検索できます

以下の詳細カテゴリからも検索できます(2017年度以降のニュースリリース対象)

エリアを選択

年度・月を選択