このページの本文へ移動

ニュースリリース

2019年8月 3日
ご報告

大阪〜塚本駅間の高架沿い コンクリート片が落下した件について

 2019年8月3日、大阪〜塚本駅間の高架沿いにコンクリート片が落下しました。このたびは、ご心配をおかけし、申し訳ございませんでした。

詳細

1 受報日時
 2019年8月3日(土曜日)午後1時40分ごろ

2 場所
 JR神戸線(東海道線)大阪〜塚本駅間の高架沿い
 <所在地>大阪駅:大阪府大阪市北区梅田3丁目1番1号
 ※注釈:現地は大阪駅から塚本駅側(南西側)約200メートルの地点

3 概況
 午後1時40分ごろ、お客様より連絡を受けたJR駅レンタカー大阪営業所社員から、施設係員へ「駅レンタカー付近にてコンクリート片が落下している」と報告がありました。
 このため、現地に係員を派遣し確認したところ、落下しているコンクリート片を発見しました。

 ※注釈:お客様におけがはありません。
 ※注釈:高架橋から落下箇所までの高さは約7メートルです。
 ※注釈:当該箇所の高架上には線路はなく、大阪ステーションシティと駐車場の連絡通路として使用しています。

4 落下物
 大きさ:約380ミリメートル×約190ミリメートル×厚さ約50ミリメートル
 重量:約2.6キログラム(コンクリート片)

5 原因
 経年劣化のためと推測されます。

6 対策
 2年に1回程度の頻度で、高所作業車を使用した点検を行い、適切に管理していきます。

ニュースリリース一覧に戻る

以下のカテゴリから検索できます

以下の詳細カテゴリからも検索できます(2017年度以降のニュースリリース対象)

エリアを選択

年度・月を選択