このページの本文へ移動

ニュースリリース

2019年4月17日
ご報告

琵琶湖線 列車の停車駅(彦根駅)の通過について

 2019年4月17日、琵琶湖線(東海道線)で列車が停車駅である彦根駅を誤って通過しました。ご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

詳細

1 発生日時
 2019年4月17日(水曜日) 午後1時48分ごろ

2 場所
 琵琶湖線(東海道線) 彦根駅

3 列車名
 上り新快速列車 12両編成
 姫路駅(午前11時27分)発、近江塩津駅(午後2時34分)行
 乗客数:約 300名

4 概況
 午後1時48分ごろ、当該新快速列車は、彦根駅停車のところ、停止位置を約800メートル行き過ぎて停車したため、後退せずに米原駅まで運転しました。

 ※注釈:ご乗車のお客様におけがはありませんでした。
 ※注釈:踏切上に停車したため、後退すると踏切が故障する可能性があったためです。
 ※注釈:彦根駅で乗車予定のお客様(約20名)については、後続の列車をご利用いただきました。彦根駅で降車予定のお客様(約90名)については、米原駅から折り返していただきました。

5 列車影響
<運休>
 なし

<遅れ>
 当該列車が約6分遅れたのを最大に、計2本(上下各1本)に6分から4分の遅れ

<影響人員>
 約450名

6 原因
 運転士が一時的に通過駅と思い込んだためです。

7 対策
 今回の事象をほかの運転士・車掌にも周知し、あらためて指導・徹底することで再発防止に努めてまいります。

ニュースリリース一覧に戻る

以下のカテゴリから検索できます

以下の詳細カテゴリからも検索できます(2017年度以降のニュースリリース対象)

エリアを選択

年度・月を選択