このページの本文へ移動

ニュースリリース

2019年4月 6日
ご報告

万葉まほろば線(桜井線) 桜井駅 ドア扱いの誤りについて

2019年4月5日、万葉まほろば線 桜井駅に列車が到着した際、運転士がドアの操作を誤りました。ご利用の皆様にはご心配をおかけし、申し訳ございませんでした。

詳細

1 発生日時
 4月5日(金曜日) 午後7時23分ごろ

2 場所
 万葉まほろば線(桜井線) 桜井駅

3 列車名
 下り普通列車(ワンマン) 2両編成
 奈良駅(18時51分)発 高田駅(19時37分)行
 乗客数:約60人

4 概況
 午後7時23分ごろ、当該列車の運転士は、桜井駅に到着しドアを開扉したところ、誤ってホームと反対側のドアを開扉しました。その後、運転士は直ちに反対側の扉を閉扉するとともに、お客様が転落されていないことを確認しました。
 ※注釈:ご乗車のお客様の転落、おけがなどはありません。
 ※注釈:開いていた時間は約8秒間です。

5 列車影響
 なし

6 原因
 運転士が左右のドアのボタンを押し間違えたためです。

7 対策
 取り扱うボタンの再確認と、そのルールの指導教育を徹底してまいります。

ニュースリリース一覧に戻る

以下のカテゴリから検索できます

以下の詳細カテゴリからも検索できます(2017年度以降のニュースリリース対象)

エリアを選択

年度・月を選択