このページの本文へ移動

ニュースリリース

2019年1月30日
ご報告

山陽新幹線(姫路〜岡山駅間)で発生した停電について

 2019年1月30日、山陽新幹線(姫路〜岡山駅間)において、停電が発生したため、新大阪〜広島駅間の広島・博多方面行きの列車の運転を見合わせていました。なお、停電は保護線(電力設備の故障を素早く検知するために張っている架線)と電力設備の高圧部分との間でショートしたことにより発生したものです。ご利用のお客様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

詳細

1 発生日時
 2019年1月30日(水曜日) 5時20分

2 発生区間
 山陽新幹線 姫路〜岡山駅間

<所在地>
 ・姫路駅:兵庫県姫路市
 ・岡山駅:岡山県岡山市北区

3 概況
 山陽新幹線では、姫路〜岡山駅間で停電が発生したため、新大阪〜広島駅間の広島・博多方面行きの列車の運転を見合わせていました。設備の復旧作業が終了したため、7時37分に運転再開しております。 
 なお、停電は保護線(電力設備の故障を素早く検知するために張っている架線)と電力設備の高圧部分との間でショートしたことにより発生したものです。

4 原因
 2019年1月30日未明に、相生駅付近(兵庫県相生市)で行いました保護線(電力設備の故障を素早く検知するために張っている架線)を張り替える作業に誤りがあったことおよび確認が不十分であったことから、張り替えた保護線がき電線(列車で使用した電気を供給元の変電所に戻す架線)と接触した状態となり停電が発生しました。

5 概況図
 概況図

6 列車影響
 運転休止:5本
 遅延本数:24本(下り:9本/上り:15本)
 遅延時分:74分〜2分( 最大遅延 ひかり441号 74分)
 影響人員:12,300名

ニュースリリース一覧に戻る

以下のカテゴリから検索できます

以下の詳細カテゴリからも検索できます(2017年度以降のニュースリリース対象)

エリアを選択

年度・月を選択