このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2018年2月19日きっぷ

「ジャパン・レール・パス」の日本国内での発売について

JRグループ

 JRグループでは、訪日外国人旅行者向けの特別企画乗車券「ジャパン・レール・パス」について、海外での事前の引換証の購入による発売に加え、2017年3月より期間限定で日本国内の一部箇所で発売を行っておりますが、2018年度についても発売を継続いたします。

詳細

1 ご利用資格
 海外から「短期滞在」の入国資格により日本を訪れる外国人(※)旅行者
 ※注釈:お買い求めの際は、日本国以外の政府などが発行した旅券が必要です。
 ※注釈:日本国以外の旅券のみを有する方に限ります(海外在住の日本国籍を有する方はご利用になれません)。

2 発売期間とご利用期間
(1)発売期間
 2019年3月31日まで

(2)ご利用期間
 ・7日間用:2019年4月6日まで
 ・14日間用:2019年4月13日まで
 ・21日間用:2019年4月20日まで

3 おねだん 
 おねだん
 ※注釈:パスのこども用は発売日において6歳以上12歳未満の方に限ります(12歳の小学生は大人となります)。

4 発売箇所
 以下の駅・空港の窓口または店舗で発売しております。(2018年1月31日現在)
  札幌、仙台、新潟、東京、新宿、横浜、名古屋、大阪、広島、高松、博多、新千歳空港、成田空港、空港第2ビル
  東京モノレール羽田空港国際線ビル、関西空港

 <2018年3月20日から>
 上記箇所に加えて以下の駅・空港の窓口または店舗にて発売を開始いたします。
  釧路、帯広、旭川、函館、新函館北斗、青森、八戸、盛岡、秋田、福島、山形、長野、水戸、上野、渋谷、池袋、品川
  新横浜、小田原、三島、静岡、浜松、金沢、京都、新大阪、岡山、鳥取、松江、松山、徳島、小倉、佐賀、長崎、熊本
  大分、宮崎、鹿児島中央、仙台国際空港、中部国際空港
 
 ※注釈:各駅・空港における具体的な発売箇所・営業時間などについては、後日、下記の「ジャパン・レール・パス」ホームページにてご案内します。
  http://japanrailpass.net/index.html
 ※注釈:発売箇所については変更する場合がありますので、最新の情報はホームページにてご確認ください。
 ※注釈:払戻しは、発売箇所でのみお取り扱いします。ただし、クレジットカードでお買い求めの場合の払戻しは、お買い求めになった発売会社の発売箇所に限ります(発売額の10%の手数料が必要です)。

5 主な効力
 ・有効期間は、利用開始日から連続する7日、14日、または21日です。
 ※注釈:利用開始日の変更はできません。
 ・下表の鉄道・バス・フェリーが乗り降り自由です。なお普通車用では普通車が、グリーン車用では普通車およびグリーン車が、利用できます。
 主な効力

 ※注釈:東海道・山陽・九州新幹線の「のぞみ」号・「みずほ」号は、自由席・指定席ともに、ジャパン・レール・パスでは利用できません。「ひかり」号・「さくら」号・「こだま」号・「つばめ」号をご利用ください。 「のぞみ」号・「みずほ」号を利用する場合は、運賃および特急料金(グリーン車を利用する場合は加えてグリーン料金)が別途必要です。
 ※注釈:東北・北海道・北陸新幹線のグランクラスを利用する場合は、特急料金、グランクラス料金が別途必要です。
 ※注釈:私鉄会社線を利用する場合は、利用各区間分の運賃・料金が別途必要です。(直通運転などによりJRが私鉄会社線に乗り入れる場合があります。)

6 ご注意
 ・パスのお買い求め、ご利用は、パスに記載された記名人本人に限ります。ご本人確認をさせていただく場合がございますので、使用中は旅券を必ず携帯してください。
 ・複数枚購入する場合、利用日が重複するパスを購入することはできません。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ