このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2017年4月 7日駅情報

広島駅にショッピングセンター「ekie」が誕生

西日本旅客鉄道株式会社
中国SC開発株式会社

中国SC開発株式会社は、西日本旅客鉄道株式会社と進めている広島駅橋上・高架下開発について、施設概要と施設名称を決定しましたので、以下のとおりお知らせいたします。

詳細

1 施設概要
(1)開発箇所
広島駅在来線線路上空および新幹線高架下

(2)開発コンセプト
「広島の新しい目抜き通り」
広島の「目抜き通り」といえば、「本通商店街」をイメージする方が多いでしょう。中四国地方を代表する広域商店街である「本通商店街」は、週末には10万人もの人が訪れ、広島の街のにぎわいの中心となっています。
私たちは、広島駅自由通路と今回開発箇所を、「本通商店街」など街の中心部へとつながる「広島の新しい目抜き通り」にしていきたいと考えています。国内外の旅行者や、出張で広島にお越しになる方、日常的に駅をご利用になる地元のお客様、また駅周辺に増えるオフィスで働く方や近隣にお住まいの方など、広島駅をご利用されるさまざまな方が行き交い交流する場所。また、広島の魅力を全国に発信し、広島初のものや情報を地元の皆様に紹介する、歩くだけで楽しい通り。
私たちは、新たな商業空間の開発を通じて、駅から街の中心部へ新たな人の流れを生み出し、広島に活力とにぎわいを生み出していきたいと考えています。

(3)施設規模
店舗面積:約9,000平方メートル(線路上空エリア:約1,700平方メートル、高架下エリア:約7,300平方メートル)
店舗数:約100店舗(線路上空エリア:約20店舗 、高架下エリア:約80店舗 )

(4)展開業種
【線路上空エリア】
「ザッカマルシェ」をテーマとして、「思わず手にとりたくなる楽しさのある雑貨」や「多様なニーズに対応するコスメ」など、こだわりの商品を取りそろえます。地元のお客様や国内外から観光などで広島にお越しになるお客様が、ご自身用やギフト用にお買い求めいただくシーンを想定しています。また、厳選した人気アパレルブランドなどのファッション店の展開も予定しています。

【高架下エリア東2階】
・陸の玄関口である新幹線改札口の目の前で、広島の魅力がそろった土産売場をめざします。
・駅をご利用になるお客様のクイックニーズに応える軽飲食に加えて、仕事帰りの一杯飲みニーズにも対応する多様なメニュー展開の飲食ゾーンの展開をめざします。

【高架下エリア東1階】
・定番のお好み焼きなどに加え、広島の新たなご当地人気メニューも取りそろえ、質、量ともに広島グルメの地域ナンバーワンの集積をめざします。
・駅をご利用になるお客様や周辺のオフィスで働く方にランチやディナーでご利用いただける飲食業態の展開をめざします。

【西1階:現「新幹線名店街」部分】
駅をご利用になるお客様および周辺にお住まいの方の日常的な食のニーズにお応えするとともに、旅行や出張で広島にお越しになる方のご利用も想定しています。

(5)開業予定時期
線路上空エリア:2017年10月ごろ
高架下エリア:2018年春以降順次

2 施設名称・ロゴ
(1)施設名称
「ekie」(エキエ)

(2)ロゴ
ロゴ


(3)施設名称コンセプト
広島では昔から「エキ」と言えば「広島駅」として定着し、「エキ」という響きに愛着があります。「エキ=eki」に付加した「e」には、「広島の新しい目抜き通り」として、「eki」から「本通商店街」など中心部へ(=「e」)とつながる出発点を表現しています。
また「eki」が、毎日(everyday)、さまざまな交流や出会い(encounter)が生まれ、楽しさ(enjoy)と活力(encourage)が溢れる場所になればという願いも込めています。

(4)ロゴコンセプト
駅から街の中心部へとつながる「広島の新しい目抜き通り」をイメージしたラインを配置しました。さまざまな方が行き交い交流する場所となることを期待し、安心感と存在感を表すデザインを採用しました。
カラーは、広島県の県章で使用されている「えんじ」色を採用し、さまざまなお客様にご利用いただくにあたり、暖かみや親しみやすさを表現しました。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ