このページの本文へ移動

ニュースリリース

2020年1月17日
列車の運行

2020年 春の臨時列車の運転について
【2020年3月1日(日曜日)から6月30日(火曜日)まで:122日間】
※注釈:昨今の新型コロナウイルス感染症の発生に伴うお客様のご利用状況を踏まえ、一部臨時列車を運休いたします。
 ・2020年3月13日の発表についてはこちらをご覧ください。

 ・2020年3月24日の発表についてはこちらをご覧ください。

 ・2020年3月27日の発表についてはこちらをご覧ください。

詳細

<山陽新幹線>
 ゴールデンウィーク期間や三連休、週末を中心に、東海道・山陽新幹線を直通運転する「のぞみ」を春期間として過去最大本数増発します。また、山陽・九州新幹線を直通運転する「さくら」や新大阪と博多とを結ぶ「ひかり」などの臨時列車を運転します。

<北陸新幹線>
 ゴールデンウィーク期間や三連休、週末を中心に、東京〜金沢駅間を直通運転する「かがやき」「はくたか」を増発します。

<在来線(特急)>
 ゴールデンウィーク期間や三連休、週末を中心に、大阪・京都と北陸を結ぶ「サンダーバード」を運転します。ゴールデンウィーク期間を中心に、大阪方面と南紀方面とを結ぶ「くろしお」などの臨時列車を運転します。ゴールデンウィーク後半期間を除く週末を中心に、新大阪と奈良とを結ぶ臨時「まほろば」を運転します。5月8日(金曜日)以降の週末を中心に、京都・大阪と山陰方面とを結ぶ新たな長距離列車「WEST EXPRESS 銀河」を運転します。

カレンダー


<期間中の臨時列車運転本数>
比較表


 詳細はこちらをご覧ください。(PDF形式 729キロバイト)

 山陽新幹線(福岡エリア)については、こちらをご覧ください。(PDF形式 204キロバイト)
 北陸新幹線・北陸エリアについては、こちらをご覧ください。(PDF形式 144キロバイト)
 和歌山・南紀エリアについては、こちらをご覧ください。(PDF形式 219キロバイト)
 北近畿エリアについては、こちらをご覧ください。(PDF形式 164キロバイト)
 岡山・福山エリアについては、こちらをご覧ください。(PDF形式 1,230キロバイト)
 広島・山口エリアについては、こちらをご覧ください。(PDF形式 531キロバイト)
 山陰エリアについては、こちらをご覧ください。(PDF形式 214キロバイト)

ニュースリリース一覧に戻る

以下のカテゴリから検索できます

以下の詳細カテゴリからも検索できます(2017年度以降のニュースリリース対象)

エリアを選択

年度・月を選択