このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2014年12月19日列車の運行

平成27年春ダイヤ改正について

 JR西日本では、平成27年3月14日(土曜日)にダイヤ改正を実施します。
 北陸新幹線(金沢〜長野駅間)が開業し、金沢〜東京駅間に速達タイプ「かがやき」と停車タイプ「はくたか」、金沢〜富山駅間にシャトルタイプ「つるぎ」の運転を開始します。各列車にはサービス設備を充実させたW7・E7系新幹線車両を使用して、北陸エリアと首都圏をスピーディーかつ快適に結びます。
 また、北陸新幹線開業にあわせて七尾方面に特急「能登かがり火」、福井方面に特急「ダイナスター」を新設し、北陸エリア各地において北陸新幹線をご利用しやすいダイヤとするとともに、金沢駅で北陸新幹線と在来線特急の接続体系を整備します。
 そのほか、山陽新幹線では東海道新幹線の最高速度向上に伴う一部「のぞみ」の所要時間短縮、在来線特急では特急「きのさき」「こうのとり」の増発、近畿エリアでは大阪環状線の利便性向上などを中心とした輸送改善を実施します。
 このたび、その内容がまとまりましたので、お知らせします。

詳細

《 北陸新幹線・北陸エリア在来線》
○金沢〜長野駅間が開業し、金沢〜東京駅間を最速2時間28分で運転
○速達タイプ「かがやき」、停車タイプ「はくたか」、シャトルタイプ「つるぎ」が登場
○七尾方面に特急「能登かがり火」、福井方面に特急「ダイナスター」を運転

※注釈 並行在来線4社のダイヤについてはこちらをご覧ください。
 「IRいしかわ鉄道」についてはこちらをご覧ください。
 「あいの風とやま鉄道」についてはこちらをご覧ください。
 「えちごトキめき鉄道」についてはこちらをご覧ください。
 「しなの鉄道」についてはこちらをご覧ください。

《 山陽新幹線 》
○一部「のぞみ」の所要時間を短縮、「のぞみ」と「こだま」の接続を改善

《 在来線特急 》
○朝時間帯に特急「きのさき」、夜時間帯に特急「こうのとり」をそれぞれ1本増発

《 近畿エリア 》
○大阪環状線をわかりやすいダイヤにリニューアル
○琵琶湖・JR京都線の朝時間帯に新快速を1往復増発

《 広島エリア 》
○新型電車227系の運転開始

※注釈 詳細(JR西日本全社)についてはこちらをご覧ください。(PDF形式 977キロバイト)

 ※注釈 北陸エリアについてはこちらをご覧ください。(PDF形式 1,090キロバイト)
 ※注釈 京阪神エリアについてはこちらをご覧ください。(PDF形式 242キロバイト)
  ※注釈 大阪環状線についてはこちらをご覧ください。【2015年1月16日追加】
 ※注釈 和歌山・南紀についてはこちらをご覧ください。(PDF形式 623キロバイト)
 ※注釈 北近畿エリアについてはこちらをご覧ください。(PDF形式 642キロバイト)
 ※注釈 岡山・福山エリアについてはこちらをご覧ください。(PDF形式 561キロバイト)
 ※注釈 広島・山口エリアについてはこちらをご覧ください。(PDF形式 446キロバイト)
 ※注釈 山陰エリアについてはこちらをご覧ください。(PDF形式 214キロバイト)
 ※注釈 博多・小倉エリアについてはこちらをご覧ください。(PDF形式 301キロバイト)

※注釈 JRグループ全体についてはこちらをご覧ください。(PDF形式 430キロバイト)

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ