このページの本文へ移動

ニュースリリース

2018年10月 4日
イベント・キャンペーン

東広島・西条酒蔵巡り×映画「恋のしずく」タイアップキャンペーン
広島駅・西条駅でのおもてなし 詳細のお知らせ

西日本旅客鉄道株式会社
中国SC開発株式会社
株式会社ジェイアールサービスネット広島

 当社では、瀬戸内が多くのお客様に繰り返し訪れていただける一大周遊エリアになることを目指し、「せとうちパレットプロジェクト」を開始しました。先般、「東広島・西条酒蔵巡り×映画『恋のしずく』」企画の実施についてお伝えしましたが、広島エリアでのPRイベントの詳細が決まりました。
 玄関口である広島駅と、映画の舞台となった東広島市・西条駅で、東広島市のご協力のもと、映画紹介のパネル展や小道具の展示、恋のしずくオリジナル商品や東広島・西条の特産品のご紹介など、西条のPRを行います。 

 商標ロゴ

詳細

1 広島駅でのおもてなし
(1)日程
  2018年10月6日(土曜日)から21日(日曜日)まで

(2)場所
  広島駅(2階新幹線口前)、
  ekie(Northエリア2階)イベントスペースおよび各店舗

 <東広島・西条×映画「恋のしずく」のPR装飾などで広島にお越しの皆様をお出迎えします。>

 等身大パネルの画像など

 <観光マスコットのん太くんが東広島・西条のまちのPRを行います。>
  ・日時
   2018年10月21日(日曜日)11時から14時までの予定

  ・場所
   広島駅(2階新幹線口前)、ekie(Northエリア2階)イベントスペース

 マスコットキャラクターの画像

 <期間中、ekie(Northエリア2階)では映画オリジナル商品や東広島・西条の魅力的な品々をご紹介します。>
  【酒 ます枡】
  ・純米吟醸 鯉幟(金光酒造)
   720ミリリットル:2,200円(税込み)

  ・純米大吟醸 命なりけり(西條鶴醸造)
   720ミリリットル:3,000円(税込み)

   お酒の画像

   映画で登場する日本酒を、蔵元が実際に商品化した限定酒。
   「鯉幟」はヒロインをイメージしフレッシュで爽やかな美味しさが特徴。
   一方の「命なりけり」は伝統的な生?造りに新たな手法を加え、品の良い甘さと奥ゆかしいコクのある味わいで、劇中で重要な役割を果たす。

  ・日本酒 恋のしずく
   720ミリリットル:1,200円(税込み)から
   映画の撮影地になった東広島市西条・安芸津などの9蔵から、「恋の予感のする」オリジナルラベルの日本酒を発売。

 お酒の画像

  【しま商店】              
  ・御酒印蔵元めぐり 
   1,080円(税込み)
   東広島市の10の蔵元で御朱印ならぬ「御酒印」を集めるスタンプラリーを開催。
   参加キットには御酒印帳とオリジナルお猪口&巾着、蔵元で試飲などが体験できるチケット3枚がついている。
   指定数の御酒印を集めた参加者には恋のしずくオリジナル徳利をプレゼント。
   (ラリー実施期間2018年10月13日から2019年4月30日まで)

 オリジナル徳利のプレゼントの画像

   ※注釈:品切れの際はご容赦ください。
   ※注釈:また、しま市場アバンセでは、東広島・西条の特産品や、お酒を使用したお菓子などを販売します。

2 西条駅でのおもてなし
  西条駅では等身大パネルで皆様をお出迎えします。

(1)日程
  2018年10月20日(土曜日)から12月19日(水曜日)までの予定
  
(2)場所
  西条駅 みどりの窓口付近
  ※注釈:おみやげ街道 西条店では、「日本酒 恋のしずく」「御酒印蔵元めぐり」を販売します。

 等身大パネルの画像

  アプリ「マイフェバ」を活用したチェックインラリー(10月20日から12月19日まで)や大阪駅でのPRイベント(10月23日から28日まで)もございますので、9月20日付プレスリリースもあわせてご確認ください。

 <映画「恋のしずく」について>
  舞台は銘醸地として有名な西条。農大に通う大学三年生の詩織(21)は、意に反して日本酒の蔵へ実習に。やる気のない蔵元の息子、厳格な杜氏、病気がちの蔵元。老舗酒蔵での出会いに彼らの人生は転がり始める。愛らしくて、せつなくて、そしてじんわり味わい深いヒューマンドラマ。

  出演:川栄李奈、小野塚勇人、宮地真緒、小市慢太郎、大杉漣
  監督:瀬木直貴
  脚本:鴨義信

PRポスターの画像

ニュースリリース一覧に戻る

以下のカテゴリから検索できます

以下の詳細カテゴリからも検索できます(2017年度以降のニュースリリース対象)

エリアを選択

年度・月を選択