このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2015年5月 7日イベント・キャンペーン関連

芸備線100周年記念イベントについて

芸備線対策協議会
広島県観光連盟
西日本旅客鉄道株式会社

 芸備線は大正4年4月28日、旧芸備鉄道会社線の志和地駅(現:同駅)から東広島駅(国有化に伴い昭和12年7月1日廃止)間が開業し、続いて同年6月1日には三次駅(現:西三次駅)までの区間が延伸開業して以来、今年の6月1日で100周年を迎えることから、記念イベントを開催いたします。

芸備線100周年ヘッドマーク

詳細

1 芸備線100周年記念式典
(1)広島駅
【日時】
 平成27年5月30日(土曜日) 午前9時20分から10時ごろ
【場所】(予定)
 広島駅 9番のりば
【出席者】(予定)
(ご来賓)
  国土交通省 中国運輸局 局長 河田 守弘 様
  広島県知事 湯崎 英彦 様
(主催)
  広島市長 松井 一實
  一般社団法人広島県観光連盟 専務理事 石本 秀紀
  JR西日本 執行役員広島支社長 杉岡 篤
  JR西日本 広島駅長 石原 靖彦
【式典内容】
 ご来賓・主催者あいさつ
 広島市消防音楽隊の演奏
 テープカット

(2)三次駅
【日時】
 平成27年5月30日(土曜日) 午前11時20分から11時50分ごろ
【場所】(予定)
 三次駅 1番のりば
【列車】
 広島駅 10時発 三次駅 11時22分着 快速みよしライナー 三次行き 
【出席者】(予定)
(ご来賓)
  一般社団法人三次市観光連盟 会長 信國 秀昭 様
  一般社団法人安芸高田市観光連盟 理事長 金川 豊久 様
  一般社団法人庄原市観光協会 会長 土井 幹雄 様
(主催)
  三次市長 増田 和俊
  安芸高田市長 浜田 一義
  庄原市長 木山 耕三
  JR西日本広島支社 副支社長 佐伯 祥一
  JR西日本広島支社 三次鉄道部長 前田 和生
【式典内容】
 ご来賓・主催者さいさつ
 地元園児による歌の披露(予定)
【その他】
 観光キャラクター きりこちゃん、たかたんキョロやまくん、ひばごんの登場


2 「お陰様で100周年」イベントの開催
【日時】
 平成27年5月30日(土曜日) 午前11時から午後3時
【場所】
 三次市十日市南1丁目1番1号 JR三次駅前広場およびコンコースなど
 ※注釈 駐車場はございません。
【内容】
(体験コーナー)
 ・ミニ新幹線乗車体験:ミニ新幹線(電動)による乗車を体験していただけます。
 ・運転士用シミュレータ体験:運転士の教育訓練用のシミュレータを体験していただけます。
  ※注釈 体験者多数の場合は、午前10時30分と午後0時30分に抽選を実施(24組限定)
 ・ペーパークラフト体験コーナー:いろいろな列車のペーパークラフトを作成してください。
(展示)
 ・ちどり号などのヘッドマーク展示
 ・鉄道模型HOゲージの展示:なつかしのSLなどの鉄道模型を展示します。
 ・芸備線の軌跡写真展(5月1日から6月30日):社員が撮影したなつかしい列車の走行写真を展示しています。
(その他)
 ・カンセンジャーや観光キャラクターとの写真撮影や鉄道クイズを実施します。
 ・芸備線100周年記念ポストカード(5枚セット)やお祝いの紅白のおもちをプレゼントします。

3 記念入場券の発売
 芸備線開業100周年記念入場券の発売についてはこちらをご覧ください。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ