このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2015年3月30日列車の運行

SLやまぐち号に旧型客車を復刻した新しい客車を新製・投入します
一部停車駅をレトロ調などに改修します

 当社は、持続的なSL動態保存に取り組んでいく方針であり、平成26年10月には今後少なくとも数十年程度は安定的にSL動態保存を継続できるよう、SLの解体検査に特化した専用検修庫の新設と、D51の本線運転の復活についてお知らせしました。(詳しくはこちらをご覧ください。
 このたび新たに、SL動態保存の魁であるSLやまぐち号の持続的な運転のため、SLやまぐち号にSL全盛期の旧型客車を復刻した客車を新製・投入することにしましたので、お知らせいたします。また、新しい客車の投入にあわせて、SLやまぐち号の一部停車駅をレトロ調などに改修します。
 客車の投入と駅の改修については、山口デスティネーションキャンペーンを開催する平成29年9月を予定しており、今後も、沿線の地元の皆様と連携して、SLやまぐち号を起点とした山口線沿線の観光振興に取り組んでいきます。

詳細

1 SLやまぐち号の客車の新製・投入
(1)車両コンセプト
 SL全盛期の雰囲気を、お子様連れなどのお客様に快適にお楽しみいただけるよう、以下の4点をコンセプトに客車を新製します。
 ・SL全盛期の旧型客車であるマイテ49、オハ35、オハ31を復刻
 ・SLの音や煙を体感できるよう開放型展望デッキや開閉窓を設置
 ・SLを体験・学べるフリースペースを設置
 ・バリアフリー対応、ベビーカー置き場、温水洗浄機能付きトイレなどにより快適性を向上

 150330_01_slyamaguchi.jpg

(2)車両の仕様とイメージ
 ※注釈 車両の仕様のイメージについてはこちらをご覧ください。(PDF形式 590キロバイト)

(3)投入車両数と投入時期
 5両(5両編成×1本)を平成29年9月に投入予定

 ※注釈 復刻モデルとする旧型客車のイメージについてはこちらをご覧ください。(PDF形式 561キロバイト)

2 SLやまぐち号の一部停車駅の改修
 以下のとおり一部の停車駅を改修し、新しい客車の投入とあわせて、今まで以上に線区全体でSLやまぐち号の旅をお楽しみいただけるようにします。

一部停車駅の改修

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ