このページの本文へ移動

ニュースリリース

2018年11月 2日
その他

マスコットキャラクターの画像線路設備を支える専用車両
ホキ800形式「ホッパ車」を特別展示

京都鉄道博物館 

 京都鉄道博物館では、JR西日本の営業線とつながっている引込線を活用し、現役車両を展示します。
 今回は、線路の保守で活躍する貨物車「ホキ800形式」を展示します。バラストと呼ばれる石を線路に撒くための専用車両で、京阪神地区(※)には、今回展示する2両のみが在籍しており貴重な車両となっています。

 ※注釈:京阪神地区…JR西日本の京都、大阪、神戸支社エリア内

詳細

1 展示期間
 2018年11月13日(火曜日)から12月2日(日曜日)まで

2 展示場所
 本館1階「車両のしくみ/車両工場」エリア

3 展示車両
 ホキ800形式2両
  
 ※注釈:営業線を運転して搬入するため、輸送上の都合により展示を中止する場合があります。

 ホキ800形式

ホキ800形式

ニュースリリース一覧に戻る

以下のカテゴリから検索できます

以下の詳細カテゴリからも検索できます(2017年度以降のニュースリリース対象)

エリアを選択

年度・月を選択