このページの本文へ移動

ニュースリリース

2018年10月 2日
ご報告

こ線橋コンクリート片の落下について

 2018年10月2日、山陽線小野田駅構内のこ線橋からコンクリート片が落下しているのを発見しました。お客様にはご不安をおかけしたことをお詫び申し上げます。 

詳細

1 発見日時
 2018年10月2日(火曜日) 午後0時45分ごろ

2 落下場所
 山陽線 小野田駅 5番のりばこ線橋
        
3 概況
 10月2日、午後0時45分ごろ、試運転列車に添乗していた社員より、ホーム上にコンクリート片が落ちていると申告がありました。施設係員が現地を確認したところ、こ線橋より落下したコンクリート片であることがわかりました。
 ※注釈:落下物によるお客様のおけがや列車への影響はありません。

4 落下物
<こ線橋コンクリート片>
 ・総重量
  合計200グラム程度(最大のもの:約160グラム)

 ・大きさ
  75ミリメートル×70ミリメートル×10ミリメートル
 
  ※注釈:割れた状態で計10個ありました。
 
 ・屋根から地面までの高さ
  約4.7メートル

 現場の状況の写真

5 影響
 列車運行への影響はありません。
        
6 原因
 経年により鉄筋が錆びて膨張し、跨線橋底面のコンクリート板が割れたものと推測されます。

7 対策
 事象発生後、建築区社員により目視点検を行い、当面の安全を確認しております。

ニュースリリース一覧に戻る

以下のカテゴリから検索できます

以下の詳細カテゴリからも検索できます(2017年度以降のニュースリリース対象)

エリアを選択

年度・月を選択