このページの本文へ移動

ニュースリリース

2018年9月21日
ご報告

山陽新幹線 高架橋からのコンクリート片の落下について

 2018年9月21日、山陽新幹線徳山駅構内の高架橋からのコンクリート片が落下しているのを発見しました。お客様にはご不安をおかけしたことをお詫び申し上げます。 

詳細

1 受報日時
 9月21日(金曜日) 14時30分ごろ

2 場所
 山陽新幹線 徳山駅構内 徳山東部第1高架橋

3 概況
 9月21日(金曜日)14時30分ごろ、沿線企業の方から「新幹線高架橋からコンクリート片が落下し、車を傷つけている可能性がある」と連絡を受けました。
 このため、現地に係員を派遣し確認したところ、高架橋からコンクリートが剥落していることを確認しました。
 ※注釈:車の傷が落下物によるものか否かは現在確認中です。
 ※注釈:当該箇所については、施設係員が点検し、構造物に影響はなく列車の運行に支障がないことを確認し通常運行しております。
 
4 落下物
 コンクリート片
 最大 縦:120ミリメートル×横:65ミリメートル×平均厚さ:25ミリメートル、0.195キログラム 他3片
 総重量:0.216キログラム
 地上からの高さ:約10.0メートル

 現場の詳細については、こちらをご覧ください。(PDF形式:394キロバイト)
 

ニュースリリース一覧に戻る

以下のカテゴリから検索できます

以下の詳細カテゴリからも検索できます(2017年度以降のニュースリリース対象)

エリアを選択

年度・月を選択