このページの本文へ移動

ニュースリリース

2018年7月20日
ご報告

氷見線 伏木駅 モルタル片落下について

 2018年7月20日(金曜日)、氷見線伏木駅で、こ線橋のひさし部分からホーム上にモルタル片が落下しているのを発見しました。このたびは、ご不安をお与えし、申し訳ございませんでした。

詳細

1 発見日時
 2018年7月20日(金曜日) 午後4時40分ごろ

2 落下場所
 氷見線 伏木駅 ホーム

3 概況
 7月20日午後4時40分ごろ、氷見線伏木駅で、伏木駅係員がこ線橋のひさし部分からホーム上にモルタル片が落下しているのを発見しました。なお、この事象によるお客様のおけが、および列車運行への影響はありませんでした。

4 落下物
 ・こ線橋ひさし モルタル片
  大きさなど:長さ 約310ミリメートル ×幅 約270ミリメートル ×厚さ 約32ミリメートル、重さ 約2.65キログラム
  こ線橋ひさし部分からホームまでの高さ 約2.9メートル

モルタル片落下について 画像 落下した箇所 写真

モルタル片落下について 画像  落下したモルタル片

5 影響
 お客様、列車運行への影響はありません。

6 原因
 モルタルの経年劣化と推測されます。

7 対策 
 同様の事象が発生しないよう、建物の保守管理に対し、安全確保に努めてまいります。


ニュースリリース一覧に戻る

以下のカテゴリから検索できます

以下の詳細カテゴリからも検索できます(2017年度以降のニュースリリース対象)

エリアを選択

年度・月を選択