このページの本文へ移動

ニュースリリース

2018年6月22日その他

昔の駅員さんの仕事を体験しよう!
展示品解説セミナー「昔の駅の駅員体験」を開催します

京都鉄道博物館

 「現在では自動券売機や自動改札機のある駅の風景はごくあたり前。これらが存在しなかった昔の駅は、どんな風であったのだろう。」そのような疑問に答えるべく、今回の展示品解説セミナーでは、昔の駅営業にスポットを当て、昭和の駅を再現した展示を使用し、2つのテーマで駅業務を体験していただきます。ぜひこの機会に、昔の駅員の仕事を体験してみませんか。

初開催の文字

      キャラクターのイラスト

詳細

1 開催日
 7月21日(土曜日)・22日(日曜日)                    

2 開催場所
 本館1階 昭和乃駅 (整理券配布場所も同じ)     

3 定員
 各回先着:20名                       
 ※注釈:参加には、各回30分前から配布する整理券が必要です。

 開催時間・テーマ・内容

 イメージ画像

4 今後のセミナー開催予定 
 今後のセミナー開催予定 

5 7月の車両公開 「500系521形1号車」 月替わりで展示車両の車内を公開!

(1)開催日
  7月の土曜日・日曜日・祝日

(2)時間
  10時から16時30分 (12時から13時30分は休止)
       
(3)場所
  本館1階

 7月の車両公開

6 今後の車両公開の予定 (各月とも週末を中心に開催予定)

 今後の車両公開の予定

 列車のイメージ画像

7 収蔵資料展 「鉄道と時」 
(1)開催日
  7月14日(土曜日)から9月9日(日曜日)まで
                      
(2)開催場所
  本館2階 展示ブース 
    
(3)内容
  鉄道と「時」は切っても切れない関係です。今回は時計や時刻表などの様々な「時」に関係する展示物を通して、時代とともに変化してきた鉄道と「時」の関わりについて紹介します。
 
 懐中時計の写真

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。