このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2018年5月21日列車の運行

新大阪駅 在来線のりば番号変更および休止中ホームの使用再開のお知らせ

 新大阪駅では、2019年春のおおさか東線(新大阪〜放出駅間)開業に向け、2011年から在来線のホーム新設・改良工事を実施してまいりました。このたび、全ての工事が完了することに合わせ、のりば番号を変更するとともに、現在、改良工事のため使用休止としているホームの使用を再開いたします。

詳細

1 在来線のりば番号変更
 これまでは、使用しているホームが4面、のりばが11番から18番でした。全ての工事が完了し、5面全てのホームを使用する場合、のりばを11番から20番とすると、在来線20番のりばと新幹線20番のりばが重複してしまうことから、在来線ののりば番号を1番から10番に変更します。

 使用開始時期:2018年6月24日(日曜日)始発から

2 休止中のホームの使用再開
 現在、改良工事のため使用を休止しているホーム(1号ホーム)について、一部の特急列車を停車させることから使用を再開します。

 使用再開時期:2018年7月23日(月曜日)始発から

新大阪駅ののりば番号と主な発着列車の現改比較について

 <参考1:ホーム上の主な設備>
  エレベーター1基、エスカレーター3基(上り2基、下り1基)、
  LED発車標3カ所(両面表示2カ所、片面表示1カ所)、待合室(広さ約27平方メートル)

 <参考2:主な改良点>
  ○安全性向上
   ・列車とホームの隙間を縮小し、段差も解消します。

  ○サービスの向上
   ・京都側の階段横にエスカレーターを増設します。

  ○特急列車(はるか・くろしお)のりばを分かりやすく
   ・現状、特急列車(はるか・くろしお)については、京都方面も関西空港・和歌山方面も同一ののりばを使用しています。
   ・7月23日以降は、京都方面の特急列車(はるか・くろしお)を基本的に1番のりば発着とし、上下線で異なるのりばを使用することから、ご利用のお客様にとって、のりばが分かりやすくなります。

  ○省エネの実現
   ・ホーム上の照明は全てLED照明に変更し、消費電力を約40パーセント削減します。
    (※注釈:改良前との比較)

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ