このページの本文へ移動

ニュースリリース

2018年3月29日イベント・キャンペーン関連

北陸新幹線金沢開業から4年目に入った北陸で
「日本の美は、北陸にあり。」キャンペーンを開催します!

西日本旅客鉄道株式会社
北陸三県誘客促進連携協議会

 北陸新幹線金沢開業から4年目に入った北陸では、北陸三県・北陸経済連合会・JR西日本の連携、により昨年に引続き「日本の美は、北陸にあり。」キャンペーンを開催し、今年も北陸の魅力を切れ目なくPRしていきます。
 季節ごとの特色あるテーマのもと、より深い北陸の魅力に触れていただけるよう、魅力的なプランなどをご提案いたします。
 春は、富山県は雨晴海岸、石川県は鶴仙渓、福井県は恐竜博物館のポスターを製作し重点的なPRを行います。
 四季折々の魅力にあふれる北陸に、ぜひご家族ご友人とおでかけください。

詳細

1 名称
 「日本の美は、北陸にあり。」キャンペーン
ロゴ

2 期間
 2018年4月1日(日曜日)から11月30日(金曜日)まで

 期間中、以下のポスターを製作しPRを行います。詳細は「5 宣伝展開」をご覧ください
 期間
 ※注釈:夏・秋のポスタービジュアルは変更となる場合があります

3 季節ごとの重点訴求内容
(1)春季(4月から6月)
  北陸の人々と触れ合う様々な「体験」メニューをご提案させていただきます。
   
 <富山県>
  ・立山・雪の大谷ウォーク25周年記念イベント(巨大かまくら、雪の迷路、ガイドツアーなど) ※新規
  ・城端・まち歩きガイドツアー
  ・高岡鋳物(いもの)「能作」工場見学&鋳物製作体験

 <石川県>
  ・あわづ温泉 開湯1300年記念 温泉守護の寺「大王寺」で行う瞑想体験 ※新規
  ・山代温泉・ガイドとともに湯のまち歩き(食べ歩きクーポン付き)
  ・山中温泉・ミニ散策と俳句体験

 <福井県>
  ・越前松島水族館・裏側体験ガイドツアー ※新規
  ・越前和紙・紙漉き体験
  ・六呂師高原ふれあい体験

  ※注釈:このほかの観光素材については、関西・首都圏・北陸の主な駅などに設置の観光情報誌「北陸春物語」や「JRおでかけネット」専用ページをご覧ください。

(2)夏季(7月から8月)
  富山県は、立山黒部アルペンルートや黒部峡谷鉄道、石川県は、千里浜ドライブウェイや能登立国1300年記念事業、福井県は、東尋坊や福井県立恐竜博物館特別展など、雄大な自然や景観など、特色ある魅力を訴求予定です。
  詳しくは、6月上旬ごろに北陸夏物語などでお知らせいたします。

(3)秋季(9月から11月)
  富山県は、庄川峡遊覧船や井波の街並み散策、石川県は、兼六園や金沢ライトアップバス、福井県は、幕末明治福井150年博・福井市立郷土歴史博物館中核展示「越前松平家の美術工芸」や養浩館庭園(茶会・紅葉)など、紅葉・ライトアップ・芸術といった秋の北陸をじっくり味わえる素材を訴求予定です。
  詳しくは、8月上旬ごろに北陸秋物語などでお知らせいたします。

4 JRのおトクな商品
(1)特別企画商品
  京阪神地区から北陸へのご旅行に便利な特別企画乗車券「北陸乗り放題きっぷ」を引き続き設定します。
  北陸3県の周遊観光にぜひご利用ください。
  (発売条件、ご利用条件など詳しくは「トクトクきっぷ」で検索)

(2)駅プラン
  京阪神地区から北陸に向けて、北陸の食などを楽しむ「駅長おすすめ駅プラン」を設定します。JR西日本グループである「五万石千里山荘(ごまんごくちさとさんそう)」、金沢市内では「料亭 大友楼(りょうてい おおともろう)」、などの設定があります。

  詳細情報はJRおでかけネット内の専用ホームページでご確認ください。
  (http://www.jr-odekake.net/plan/ 「駅プラン」で検索)

 パンフレット  パンフレット

5 宣伝展開
 各県1枚のポスターおよび三県の観光地が1枚になったポスターを、春・夏・秋の各シーズンにおいて各県一押しの観光地のビジュアルで作成します。また北陸の魅力をご紹介する観光情報誌「北陸物語」も作成し、ポスターおよび「北陸物語」を京阪神・首都圏・北陸の主な駅や旅行会社などで掲出します。また、「JRおでかけネット」の専用ページや、携帯アプリ「マイフェバ」(http://www.my-fav.jp/ マイフェバで検索)においても、北陸の旬な情報を発信します。

○春のB1ポスター(イメージ)                      
 ・各県ポスター
各県ポスター

 ・3県セットのポスター
 3県セットのポスター

○北陸春物語
 北陸春物語

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。