このページの本文へ移動

ニュースリリース

2018年3月29日その他

日本最大の旅客用蒸気機関車を紹介!
蒸気機関車セミナー「C62形蒸気機関車」を開催します

京都鉄道博物館

 京都鉄道博物館では、3両のC62形蒸気機関車を保存しています。特にC62形2号機は、現役で走ることができるように整備されており(動態保存)、現在SL第2検修庫にて定期メンテナンスを実施しています。それにあわせて、C62形を解説する蒸気機関車セミナーを実施します。日本最大の旅客用蒸気機関車C62形をわかりやすく解説しますので、ぜひご参加ください。また、あわせて今後のセミナー・特別な車両公開・収蔵資料展の予定もお知らせします。

詳細

1 開催日
 4月14日(土曜日)・15日(日曜日)

2 時間
(1)11時
(2)13時30分 
(3)15時(各回30分)

3 集合場所
 扇形車庫(整理券配布も同じ)

4 定員
 各回40名

5 内容
(1)C62形の特徴の解説

(2)当館のC62形の来歴の紹介

(3)普段は公開しないSL第2検修庫内からメンテナンス中のC62形2号機の見学

 ※注釈:参加には、各回30分前から配布する整理券が必要です。   
 ※注釈:階段を上り下りするため、車椅子・ベビーカーはご使用いただけません。
      
6 当館に保存・展示するC62形蒸気機関車の概要
 <C62形 1号機>
  1948(昭和23)年、日立製作所製。49両が製造されたC62形のトップナンバー。

 <C62形 2号機>
  1948(昭和23)年、日立製作所製。動態保存機。

 <C62形 26号機>
  1948(昭和23)年、川崎車両製。

C62形蒸気機関車

○今後のセミナー開催予定
今後のセミナー開催予定
 ※注釈:開催日・内容は変更になる場合があります。各詳細については後日お知らせします。

○特別な車両公開 4月「0系16形1号車」
 当館では週末を中心に、月替わりで展示車両の車内を公開しております。

1 開催日
 4月の土曜日・日曜日・祝日

2 時間
(1)10時から12時まで

(2)13時30分から16時30分まで

3 場所
 プロムナード
 1964(昭和39)年に製造され、東海道新幹線開業時から活躍した0系の1等車(現在のグリーン車)。
 0系の1等車

○今後の車両公開の予定
 今後の車両公開の予定
 ※注釈:各月とも、週末を中心に開催いたします。また、都合により公開車両は変更になることがあります。

 電車の画像

○収蔵資料展 「鉄道連絡船」

(1)開催期間
 4月7日(土曜日)から7月8日(日)まで

(2)場所
 本館2階 展示ブース
 トンネルや橋りょうなどの完成により、鉄道連絡船は次第に数を減らしましたが、往時は日本各地で鉄道連絡船が活躍し、鉄道路線を補完していました。その歴史や役割を、模型やパンフレット、時刻表、乗車券などとともにご紹介します。

 宇高連絡線ホーバークラフト模型の画像

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。