このページの本文へ移動

ニュースリリース

2018年3月22日その他

2023年春開業予定の「(仮称)うめきた(大阪)地下駅」で
技術ビジョンの具体化に挑戦します

 当社では、2023年春の開業に向けて、(仮称)うめきた(大阪)地下駅の建設工事を進めています。(仮称)うめきた(大阪)地下駅は、大阪の中心に位置し、「みどり」と「イノベーション」の融合拠点となるうめきた2期エリアの最寄り駅であるとともに、2031年にはなにわ筋線の開業も予定され、海外からのお客様をお迎えする玄関口として期待されています。
 今回、技術ビジョン公表にあたり、(仮称)うめきた(大阪)地下駅を技術ビジョンの具体化に挑戦する未来駅と位置づけ、シームレスでOne to Oneのサービスの実現を目指すこととしました。オープンイノベーションにより、様々なパートナーの方々と検討を進めていきます。

詳細

<技術ビジョンの具体化のイメージ>
シームレスな移動のイメージ画像


 

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。