このページの本文へ移動

ニュースリリース

2018年3月 7日きっぷ

和歌山線・桜井線への新型車両導入と
車載型IC改札機を使用したICOCAエリア拡大について

 当社は、地域に活かされている企業グループとしてお客様や地域の皆様とともに走り続けたい、成長を続けたいと考えております。今後もより一層安全で質の高い事業運営に努めてまいります。
 このたび、和歌山線・桜井線において、新しい車両が走り出します。この車両は、安全性や快適性の向上に加え、JR西日本の近畿エリアでは初めて「車載型IC改札機」を搭載し利便性を高めます。これにより奈良県下全域ならびに和歌山線全線でICOCAをご利用いただけます。

詳細

1 新しい車両
 長年ご愛顧いただき現在運用している105系・117系車両を227系車両(近畿エリアでは初めての導入)に順次置き換えます。地域の皆様のご期待にお応えできるようさらに安全性と快適性を備えた車両として提供いたします。

(1)車両形式
  227系
        
(2)ご利用線区
  和歌山線・桜井線
  ※注釈:紀勢線の一部も含みます。

(3)車両数
  56両(2両編成×28本)

(4)導入時期
  2019年春から順次投入し、2020年春に全車両置き換え完了予定です。

 新型車両イメージ(227系)
  新型車両イメージ(227系)

(5)主な特徴
  ・安全性
   最新の車両で導入している車両異常挙動検知装置や先頭車間転落防止ホロの設置、戸挟み検知装置、EB-N装置(運転士異常時列車停止装置)、とっさの際に掴まりやすい形状・オレンジ色調の吊手、手スリの採用など、安全性を高めています。

  ・快適性
   全てのお客様に快適にご利用いただける様に多機能トイレ・車椅子スペース設置や、車内灯としてのLED照明の採用、自動温度調節による空調の最適化など、サービスを充実いたします。

  ・利便性
   車載型IC改札機による円滑な乗り降りや、車内ドア上部の情報表示装置による行き先案内、自動案内放送(日英2カ国語対応)を活用した乗り降りの円滑化など、お客様へのあたたかい接客対応・サービスを充実いたします。

  ・デザイン
   これまでの近畿エリアの車両のデザインを継承しながら、扉の両側壁部分を中心にカラーリングしました。走行する奈良と和歌山エリアに共通する文化・歴史・自然の奥深さを表現した緑色を基調としています。

2 車載型IC改札機を使用したICOCAエリア拡大
 新型車両に全車置き換え完了後「車載型IC改札機」を使用する予定です。これにより奈良県下全域ならびに和歌山線全線がICOCAエリアとなり、様々なご利用シーンでますます便利になります。

(1)車載型IC改札機 イメージ
 車載型IC改札機 イメージ

(2)サービス開始時期
  2020年春予定
 

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。