このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2018年2月23日安全の取り組みに関する情報

2017年度 広島支社 救済救護訓練を実施しました

 広島支社では、踏切障害事故が発生した場合、お客様の救済・救護活動や警察・消防との連携強化、JR内の初動活動、救助される方々の安全の確保および情報連絡の円滑化を目的に、訓練を実施しました。

詳細

1 実施日
 2018年2月23日(金曜日)

2 時間
 午後1時30分から午後2時30分まで

3 訓練場所
 下関総合車両所 新山口支所構内
      
4 参加者
 消防関係者:約17名
 警察関係:約6名
 JR関係者:約100名
 (合計:約123名)

5 訓練内容
 山口線の周防下郷〜下郷駅間を走行中に踏切内に停車中の自動車を認め、非常停止手配をとるも及ばず衝撃。車の運転手および列車内で負傷者が発生しているため、消防、警察と連携し、お客様の救出活動を行なう。

6 訓練内容
(1)乗務員による列車防護および初動対応
(2)関係箇所への的確な連絡と確実な打ち合わせの確認
(3)消防、警察、JR社員などとの連携による救済救護

 訓練の写真 訓練の写真

 訓練の写真 訓練の写真

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ