このページの本文へ移動

ニュースリリース

2018年2月12日ご報告

山陰線または因美線における車両床下機器カバーの落失について

 2018年2月12日、山陰線出雲市〜浜坂駅間および、因美線鳥取〜智頭駅間を走行する車両の床下機器のカバーが落失していることが判明しました。皆様にはご心配をおかけし、申し訳ございません。

詳細

1 発見日時
 2018年2月12日(月曜日) 午前11時ごろ

2 落下場所
 山陰線 出雲市〜浜坂駅間または、因美線 鳥取〜智頭駅間

3 車種
 キハ121系

4 概況
 2月12日(月曜日)、午前11時ごろ、後藤総合車両所運用検修センターで仕業検査を行っていた社員は、車両の床下にある補助ブレーキを動作させるための装置の蓋が落失しているのを発見しました。なお、現在のところ落下したカバーは見つかっていません。

 <カバーの大きさ>
 縦:416ミリメートル×横:286ミリメートル×奥行:242ミリメートル、重さ:約6キログラム 1個 

 ※注釈:お客様におけがなどはございません。
 
5 列車影響
 影響はありませんでした。 

6 お問い合わせ先
 カバーを発見された際は以下の連絡先までご連絡お願いします。
 JR西日本米子支社車両課 (0859)−32−0217
 対応時間:午前9時から午後5時45分まで(平日のみ)

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。