このページの本文へ移動

ニュースリリース

2017年12月22日グループ会社

2018年春 天王寺ミオが過去最大級のリニューアル
3月1日(木曜日)約80ショップがリニューアルオープン!
「もっと。毎日寄りたくなるMIOに」をコンセプトに、天王寺ミオがバージョンアップ!

天王寺SC開発株式会社

 天王寺SC開発株式会社が運営するショッピングセンター「天王寺ミオ」は、2018年3月1日(木曜日)に、幅広い年齢層のお客様が駅直結の便利な立地でショッピングをお楽しみいただける環境作りを目指して大きくリニューアルします。

詳細

 今回のリニューアルは過去最大級となり、天王寺ミオ本館・プラザ館の約370ショップのうち、新規オープン・リニューアルオープンのショップをあわせて約80のショップが生まれ変わります。
 ※注釈:一部3月中旬オープンとなるショップもあります。
 【リニューアルティザーサイト】
  http://www.tennoji-mio.co.jp/newrenew2018_3/

 中でも注目は、天王寺駅中央改札口直上のプラザ館M2階に駅利用者に向けて誕生する「新たな食のゾーン」で、それとともに「男女・家族で一緒にお買い物に来られるショップ」を増やします。

 プラザ館M2階(東側)は、これまでレディスヤングアパレルゾーンとして多くのお客様にご愛顧いただいていましたが、「日常をちょっと彩る、毎日寄り道したい食のゾーン」をコンセプトに、ミオ・えき(駅)・キッチンを組みあわせた「ミオえきッチン」という愛称を付け、新たな食の提案を行うゾーンへと変化します。高品質なグローサリー、スイーツ、デリ、お酒などが気軽に買えるショップをバリエーション豊かに揃え、出来たてをその場でお楽しみいただける共用のイートインコーナーを約100席設けます。このイートインコーナーにはWIFIを完備し、天王寺駅すぐ上に、お一人様でも、お子様連れでも、お待ちあわせにも気軽に使っていただけるゾーンが誕生します。日頃よりミオをご利用いただいているお客様だけでなく、天王寺駅をご利用されるお客様が気軽に立ち寄って食事や買い物がしたくなるような、楽しく賑わいのある場を提供します。
プラザ館M2階リニューアル(イメージ)

ミオえきッチンの位置 
 また、「男女・家族でお買い物に来られるショップの強化」として、カップルやファミリーで楽しめるショップやこれまでミオで取扱いのなかったカテゴリーを増やすことにより、客層の幅を広げ、駅利用者を含む新たな顧客層の取り込みを図り、既存顧客とともに両館の回遊性をさらに高め、お客様の「もっと。」を叶えます。
 本館はよりファッション性を切り口に、プラザ館は親しみ・安心を切り口に、「毎日寄りたくなるMIO」を目指します。具体的には、ミオのグランドフロアである本館1階に高感度のメンズ&レディスファッションを提案するセレクトショップがオープンするほか、「フランフラン」のある本館4階に「ウニコ」「ビーカンパニー」など、生活を彩る新たな家具・生活雑貨のショップを誘致し、さらにプラザ館5階には「ニトリEXPRESS」がオープンし、両館あわせて天王寺エリア最大級のインテリア・生活雑貨を集積、駅で多様な暮らしをサポートできるようになります。「ニトリEXPRESS」は約520坪と「ニトリ」としては食器や寝具などの生活雑貨を主に取り揃えた小型店のフォーマットでありながら、大型家具やオーダーカーテンの受注といった「ニトリ」と同じサービスを提供することが可能で、駅ビルとしては関西初出店となります。

 なお、ほかにも注目テナントとして、本館には「ミラ オーウェン」「フルーツギャザリング」など、ファッション性を重視したショップが多数オープン予定です。
 このリニューアルで、天王寺ミオは今まで以上に地域の皆様に愛されるショッピングセンターを目指すとともに、より多くのお客様に一層ご満足いただけるショッピングセンターとして、魅力ある天王寺駅周辺エリアのまちづくり、活性化に貢献できるよう努めていきます。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。