このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2017年12月12日ご報告

12月11日に発生した「のぞみ34号」の一部区間の運転取り止めについて

 2017年12月11日、「のぞみ34号」において一部区間の運転取り止めが発生しました。お客様には大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

詳細

1 発生日時
 2017年12月11日(月曜日) 17時3分ごろ

2 発生区間
 名古屋駅

3 列車
 のぞみ34号
 博多駅(13時33分)発 、東京駅(18時33分)着

4 概況
 小倉駅発車時、7・8号車付近でパーサーおよび客室乗務員より「焦げたような臭いがする」との申告がありました。車掌による車内点検のほか、岡山駅より車両保守担当社員が添乗して確認したところ、13・14号車間で「うなり音」を確認しましたが、走行に支障するような音ではなかったため、運転を継続しました。その後、JR東海区間に入り、京都駅付近にて車掌が異臭を認めたため、名古屋車両所社員が名古屋駅に出動し、車両床下の点検を実施したところ、歯車箱付近に油漏れを認め、走行が不可能と判断し、のぞみ34号を前途運転取り止めとしました。なお、この列車は先頭部が16号車、最後部が1号車になります。

5 原因
 13号車にあるモーターの回転を車輪に伝達するための継手が変色しており、異臭(焦げたような臭い)の原因と考えられます。また、歯車箱への油付着および台車枠の亀裂を確認しております。

原因


6 対策
 当面の対策として、ほかの車両については当該台車と同条件の台車について、車両所にて異常の無いことを確認して、営業に使用しています。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ