このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2017年12月 4日その他

国鉄から継承され唯一現役車両として残る
配給車「クル144・クモル145」を特別展示

京都鉄道博物館

 京都鉄道博物館では、JR西日本が保有する配給車「クル144・クモル145」を期間限定で展示します。
 この車両は、かつては車両の部品などを運ぶ役割を担っていましたが、ほかの輸送などへの切り替わりに伴い、活躍する姿を見る機会は少なくなっています。また、配給車「クル144・クモル145」は、国鉄(日本国有鉄道)から継承した車両であり、当社で残っている配給車は、この車両のみです。
 ぜひこの機会にさまざまな角度からご覧ください。

詳細

1 展示期間
 2017年12月21日(木曜日) 15時15分ごろから17時30分まで
 2017年12月22日(金曜日)から26日(火曜日)まで 10時から17時30分まで

2 展示場所
 本館1階「車両のしくみ/車両工場」エリア

3 展示車両
 「クル144-15」と「クモル145-1015」の2両

展示物

 ※注釈:営業線を運転して搬入するため、輸送上の都合により展示の中止や展示車両を変更する場合があります。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ