このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2017年10月30日安全の取り組みに関する情報

海底地震計情報の活用などによる早期地震検知体制の強化について

 当社では、地震発生時の列車走行の安全確保を目的として、地震発生を早期に検知して新幹線を速やかに停止させる「早期地震検知警報システム」および在来線の京阪神近郊を中心に「地震情報早期伝達システム」を導入しています。
 このたび、地震時のさらなる安全性確保を目的として、国立研究開発法人防災科学技術研究所(以下、「防災科研」)が熊野灘および紀伊水道沖に整備している「地震・津波観測監視システム(DONET)」の観測データを山陽新幹線の早期地震検知警報システムへ導入することにより、地震をより早く検知する仕組みを構築します。
 また、山陽新幹線および北陸新幹線の沿線や、海岸に設置している地震計の機能を向上させることで、より早く・正確な地震情報に基づき列車を緊急停止させます。
 これらの取り組みにより、早期地震検知体制の一層の強化が図られます。

詳細

1 地震・津波観測監視システム(DONET)の地震観測データの導入
 防災科研と当社との間で地震・津波観測監視システム(DONET)の地震観測データの配信・利用に関する協定を2017年10月30日に締結しました。
 地震観測データ配信・受信に関するシステム整備を順次行い、2019年春の運用開始をめざします。これにより、山陽新幹線ではこれまでの海岸検知点での地震検知と比べて、最大で約10秒の検知時間短縮が見込まれます。
 ※注釈:詳細はこちらをご覧ください。(PDF形式 449キロバイト)

2 沿線地震計および海岸地震計のP波検知に関する性能向上
 現在、山陽新幹線および北陸新幹線の各沿線および海岸部には、地震の初期微動(P波)より直ちに地震情報(地震の震源位置や規模)を推定して、必要な区間の列車を緊急停止させる地震計を73カ所に設置しています。今回、これら全ての地震計に対して、地震情報推定に関する性能を向上させることにより、推定精度が向上するとともに、緊急停止警報の発報までに要する推定時間を最短2秒から最短1秒へ短縮します。地震計の機能向上は、2018年度より順次各地震計で実施します。
 ※注釈:詳細はこちらをご覧ください。(PDF形式 449キロバイト)

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ