このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2017年10月18日安全の取り組みに関する情報

車両状態監視装置を導入します
〜新世代電車に適したメンテナンス業務への変革〜

 当社は在来線の車両配置箇所に、地上設備を用いて自動的に電車の屋根上、パンタグラフおよび車輪の状態を把握できる機能を有する車両状態監視装置を導入します。
 これにより、さらなる安全性・車両品質の向上、メンテナンス業務の適正化に取り組んでまいります。

詳細

1 装置概要
(1)設備名
 車両状態監視装置

(2)製造社
 三菱電機株式会社

(3)保有機能
 ・屋根上状態監視機能
 ・パンタグラフスリ板摩耗測定機能
 ・車輪踏面形状測定機能
 ・車輪フラット検知機能
 ※注釈:車輪フラットとは、車輪がレール面を滑った際に車輪に発生する傷のことです。

装置概要

(4)使用方法
 電車が本装置の設置区間を通過する際に屋根上、パンタグラフ、車輪の状態を自動で測定、記録します。

2 導入効果
 ・屋根上、パンタグラフ、車輪の状態を測定する頻度が高くなるので、これらに起因する不具合の未然防止につながります。
 ・車輪の状態を測定する頻度が高くなるので、車輪転削(車輪を正常な状態に削る作業)をより状態に応じて実施できるようになり、乗り心地の改善につながります。
 ・人が作業していた検査を装置に置き換えることで、高所作業の減少や車両床下狭小部での作業が減少し、作業の安全性が向上します。

作業の様子


3 導入箇所、導入予定日
 ・電車配置箇所、16カ所に導入予定
 ・2018年春以降、順次使用開始予定

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ